ニュース & 話題

山浦さんバラ園14日オープン♪幸村の里ルート近く

「オープンガーデンわかやま」会員の山浦栄次(やまうら・えいじ)さん方(和歌山県橋本市高野口町大野404の2)の人気の「バラ園」が、5月14日(土)にオープンする。山浦さん方は、戦国武将・真田幸村(信繁)ゆかりの九度山町へ向かう、京奈和自動車道・高野口IC近くにあり、とくに今年は賑わいそう。5月31日(火)まで。入園無料。
山浦さんのバラ園は、自宅庭(約250平方メートル)で、木バラ、蔓(つる)バラなど各種計200本を栽培。3年前からは、他界した和歌山市の知人のバラ(30種50鉢)を引き取った。昨年は、庭内の畑(約100平方メートル)に、花壇とレンガ敷き通路を作り、バラ園に改装。知人のバラを移植し、大切に栽培。いずれも見事に咲き誇っている。
「オープンガーデン」期間中は、庭に日除けパラソルや椅子、テーブルを特設。湯沸しポットやパック式の美味しいコーヒー、紅茶を用意、観賞者に無償で振る舞う。
山浦さん方は、京奈和自動車道・高野口ICから南の国道26号・大野交差点西100メートル以内にある。大野交差点は、九度山町の「真田ミュージアム」や道の駅「柿の郷くどやま」などに向かう車の通過点。それだけに大勢の幸村ファン&バラ愛好家が訪れそう。
山浦さんは「今年は枝分かれも良く、バラも大きいです。とくに紫のダリア風のバラや、しっとりした緑色のバラ、独特の趣のある黒バラなど、ぜひ、ご覧いただきたい」と話している。
問い合わせは山浦さん(自宅電話0736・42・2670)(携帯電話090・3672・7661)。
写真は色とりどりのバラが咲いた山浦さんのバラ園。

更新日:2016年5月13日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事