ニュース & 話題

台風11号、橋本市の警報すべて解除、避難勧告も

台風11号警戒情報について、和歌山県と橋本市防災推進室は7月17日午後1時現在、これまで発令していた暴風、大雨、洪水警報をすべて解除したと発表した。
また、紀の川に注ぐ大谷川周辺の紀陽団地、七福団地の158世帯429人に対して出されていた避難勧告を解除、拠点避難所(学文路小学校)も閉鎖した。
これは台風が高知県室戸市付近へ上陸後に遠ざかり、紀の川や大谷川の「氾濫の危険性が低くなったため」としている。
一方、橋本市道・山田~菖蒲谷線の菖蒲谷橋付近は、土砂崩れ(約10メートル)が発生したため、通行止めになっている。
台風一過とはいえ、雨は断続的に降り続いていて、紀の川南岸の国城山や、橋本商工会館周辺の町並みは、普段の雨季の風景を見せている。
問い合わせは橋本市総務部防災推進室=電話(代表0736・33・1111)FAX(0736・33・1665)
写真(上)は風雨が上がった清々しい国城山。写真(中)は氾濫の危険性は低いが依然濁流の紀の川。写真(下)は台風一過の橋本商工会館周辺のまちの風景。

更新日:2015年7月17日 金曜日 13:53

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事