ニュース & 話題

水魔に注意だよ!~橋本川に看板設置~橋本中生ら

水が恋しい季節、和歌山県橋本市の市立橋本中学校・生徒会役員4人と橋本署・橋本駅前交番所と古佐田人権サークルの9人は、7月29日、街の中心部を流れる橋本川堤防に、水難防止の看板6枚を立て、ポスター6枚を掲げて、夏休みの子供たちに注意を呼びかけた。
看板には、元デザイナーの小林由美子(こばやし・ゆみこ)さんが「あぶない!あそばないで」の注意喚起と、子供が水に溺れているイラストなどを描き、ポスターは、橋本中・美術部員が、波がお化けの表情をして、子供たちに迫ってくる絵などを描いた。
この日午後、橋本川の古東橋の東詰に、生徒会役員や橋本駅前交番所員、人権サークル会員らが集合。ハンマーを使って看板を立て、堤防の柵にはポスターを針金で留めて掲げた。
青木瑠稼(あおき・るか)生徒会長は「危険な川では遊ばないよう、お互いに注意して、楽しい夏休みを過ごしましょう」と言っていた。

写真(上)は橋本川堤防に水難防止の看板を立てる橋本中学校・生徒会役員ら。写真(中)は橋本中学校・美術部員が制作した水難防止ポスターを披露する生徒会役員ら。写真(下)は堤防柵に掲示された水難防止ポスター。

更新日:2014年7月30日 水曜日 08:05

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事