ニュース & 話題

猛暑、水しぶきと歓声!〜橋本でプール開き

オリンピック・水泳の金メダリスト・前畑秀子さんと古川勝さんの2人の郷土である和歌山県橋本市の「市民プール」で、7月10日、プール開きが行われ、家族連れや若いカップルの歓声が、梅雨明けの青空に響いた。同プールには大阪、奈良の両府県からも利用客が多く、橋本市スポーツ振興公社・運動公園事務所係長の中道亜紀子さんは「この夏、このプールで、いい思い出を」と言っている。
橋本市は1991年、1・3ヘクタールの敷地に、総工費12億円をかけ、丘陵地に「競泳プール」(50メートル、10コース)、92年に「こどもプール」、93年に「流水プール」を新設してきた。周辺にはテニスコートやグラウンド、県立橋本体育館があり、今は、すでに百日紅(さるすべり)の花が色づきはじめ、すぐそこに三石山が聳えている。
「流水プール」は一周160メートルと長く、水が川のように流れる、近隣にない珍しいプールで、駐車場は無料ということもあって、最近は、和歌山県紀の川市や岩出市、大阪府や奈良県からも、続々とマイカーで訪れる人気ぶり。
この日、プール・オープンと同時に、家族連れらが小走りにプールへ。「こどもプール」では、滝状の水しぶきの中で、若い女性が浮き輪を持って涼しそう。カエル・スライダーやキリンの滑り台では、子供たちが大人に抱かれて滑走、水に突入して大喜び。「流水プール」では、家族連れらが水の流れに身をまかせるなど、まぶしい光景が満ち溢れた。
橋本市運動公園事務所は、1時間に1回ずつ水質検査を実施。監視員10数人が水難事故が起きないよう目を光らせている。中道亜紀子さんは「私たちも、しっかり監視しますが、水難事故はちょっとの油断から起きるので、保護者の方々には、どうぞよろしくお願いします」と訴えていた。
営業期間は9月1日まで。時間は午前10時~午後5時。利用料金は大人(中学生を除く15歳以上)800円、小人(小中学校の児童生徒)400円、団体(引率者のある小中学校の児童生徒20人以上)1人300円。付帯施設(更衣室・コインロッカー)はリターン式で1回100円。
橋本市はオリンピック・200メートル平泳ぎの金メダリスト・兵藤(旧姓・前畑)秀子さん、古川勝さんを育んだまち。今年も8月5日から3日間の午前9時半~同11時、同プールで、小学生(1~6年生)を対象にした「水泳教室」が開かれる。講師は橋本市水泳協会の会員。受講料は3日間で計2500円。定員50人(先着順)。申し込み・問い合わせは橋本市民プール(電話0736・33・2556)。
写真(上)は橋本市の市民プールで滝状の水しぶきを楽しむ女性たち。写真(中)は夏の陽光を浴びて色づきはじめた橋本市民プール前の百日紅。写真(下)は「流水プール」で川のような流れを楽しむ人たち。

更新日:2013年7月11日 木曜日 00:34

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事