ニュース & 話題

今宮戎の〝福笹づくり〟最盛期~橋本・国城山周辺

今宮戎神社(大阪市)の宵戎、本戎、残り戎で使われる〝福笹(ふくざさ)〟の笹刈り・笹作り作業が、笹薮の本場である和歌山県橋本市の国城山麓の選果場で始まった。同市隅田町の大弥(だいや)工芸(奥村浩章社長)は、1月8、9両日に計11万本を同神社に出荷する予定で、「今年は竹山がイノシシに荒らされ、笹が少なくて大変だが、笹そのものは生き生きとして、景気がいい」とえびす顔を見せている。
今宮戎神社で使われる〝十日戎(9、10、11日)〟の福笹は、紀の川の南側に聳える国城山(標高552メートル)系の山々に自生する〝孟宗竹〟が材料。
今宮戎神社から依頼された大弥工芸は、地元の農家の人たち15人に協力を依頼。1月4日から8日にかけて、〝孟宗竹〟を伐採。同市学文路の選果場で、選定ハサミを使って長さ1メートルに切りそろえ、枯れた枝葉や、形の悪い枝葉を取り除き、100本を1束にし、3束を〝窓付き〟ゴザで巻いて、8日に計6万5000本をトラックで出荷する一方、同県紀美野町でも同じ作業を行い、同町内の山々で伐採した孟宗竹を美しく切りそろえて、9日に4万5000本を出荷する。
今宮戎神社では、この福笹を参拝者に配り、巫女さんや福娘たちが、福笹にお札や小判、タイ、福俵などを飾りつけて、「商売繁盛でササ持ってこい」と、威勢よく販売することになる。
大弥工芸は「笹が青いまま枯れない」という特許技術を持っており、奥村社長は「今年も日本の安寧と、商売繁盛を福笹に祈りました。お互いに〝えびす顔〟で、よろしくお願いします」と、にっこり話した。
写真(上、中)は福笹を整える作業風景(下)は美しく整えられた福笹。

更新日:2013年1月5日 土曜日 23:02

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事