ニュース & 話題

電飾1万個「YUMENOKI」点灯…橋本商工会館

子供たちの健やかな成長を願って、和歌山県橋本市の橋本商工会議所・青年部(畑隆明会長)は、12月2日、同市市脇の橋本商工会館(鉄筋9階建て)玄関前に、初めてクリスマスツリー「YUMENOKI」(夢の木)と命名したイルミネーションを飾った。12月31日まで夜間点灯する。
「YUMENOKI」は、ブルーやホワイトなどの電飾約1万個を使い、高さ約7メートルのクリスマスツリーや、アーチ状の道で子供のトナカイを見守る親のトナカイ、ふるさとの紀ノ川の流れのイメージを演出している。
この日、同会館前の特設ステージで、同青年部フレンド委員会委員長の司会で点灯式が行われ、畑・青年部長や畑野富雄・同会議所会頭が「自然豊かな紀ノ川と、美しい星空をコンセプトにしました。子供たちは、それぞれの夢に向かって、突き進んでほしい」と挨拶。
日没を見計らって「YUMENOKI」が点灯されると、クリスマスツリーが輝いて、可愛い親子のトナカイが空に浮かび上がり、家族連れや職場のグループなどが、それを見上げて大歓声。
同時に、女性たちのハンドベル・グループ〝ミューズ〟が「あわてんぼうのサンタクロース」など3曲を演奏し、子供たちによる橋本市音たまご隊が、オリジナルなクリスマスソングを合唱。あたりはたちまちメルヘンチックなムードに包まれた。
また、同会館前の駐車場では、子供たちが餅つきを体験し、その餅を入れたぜんざいを来場者に振る舞った。綿菓子やフランクフルトなどの模擬店も大賑わいで、なかなか破れないタマによる金魚すくいや、紀陽銀行橋本支店が開いた〝ジャンボ・スマートボール〟遊びも大うけだった。
写真(上)は橋本商工会館前で点灯されたクリスマスツリー「YUMENOKI」イルミネーション。写真(中)は点灯式で挨拶する畑野・橋本商工会議所会頭。写真(下)は、商工会館前での餅つきを楽しむ家族連れ。

更新日:2012年12月2日 日曜日 21:22

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事