ニュース & 話題

ど根性ユリ、どっこい今年も…橋本商工会館わき

和歌山県橋本市市脇の橋本商工会館1階のレストラン「ラポール」入り口わきで、10月6日(土)、一輪の白ユリの花が咲き、同会館を訪れる人たちは「この秋も〝ど根性ユリ〟に出会えた」と喜んでいる。
この白ユリは、ビル北側のアスファルトの緩んだ場所から、茎をしっかりと伸ばし、花を咲かせた。近所の人は「以前、うちの庭に、白ユリをいっぱい植えましたが、その種子が風で飛んだのでしょうか。すごい生命力ですね」と目を丸くし、同会館に出入りする人たちも、「台風17号が去った後で、すかさず茎を伸ばし、開花するとは、運がいいのか、したたかなのか」と首をかしげ、「いずれにしても、こんな所に生きているというのは、見事というよりほかありません」と驚いている。
同会館の話では、2008年11月、この場所に初めて白ユリが咲き、今年で5回目の開花となる。とくに昨年は、東日本・大震災や紀伊山地・大水害があっただけに、人々を勇気付け、今年はその復興を祈るように、美しいパワーを発散している。
写真は、橋本商工会館の南側に咲いた一輪の〝ど根性白ユリ〟。

更新日:2012年10月6日 土曜日 21:59

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事