ニュース & 話題

〝省エネで温暖化防止〟石川さんエコ診断に奔走

「家庭の節電・省エネで、地球温暖化防止を」と、その啓発・実践活動に積極的に取り組んでいる人物が、和歌山県橋本市にいる。環境省委託の〝首都圏家庭エコ〟診断員と〝うちエコ〟診断員の資格を持つ和歌山県地球温暖化防止活動推進員の石川純二さん。石川さんは「節電・省エネの知識は、マンガチックなパソコン画面を見ながら、楽しく学べますよ」と、受講を呼びかけている。受講は無料。
例えば〝うちエコ診断〟を受ける場合、先ず▽診断にあたっての関心について(積極的に実施、できる範囲内でなど)▽お住まいについて(家の造り、屋根の日当たりなど)▽エネルギーについて(都市ガス、LPガス…)など様々な項目についての事前調査表にチェック方式で記入。
これを石川さんが環境省のソフトを使ったパソコンに入力すると、他の家庭と比較したエコ生活の順位、電気・ガス・灯油・車の燃料の使用程度、CO2排出の場所など診断結果が出る。
それを基に、石川さんは専門家として、「太陽光発電への移行」「車から自転車への乗りかえ」「冷蔵庫の新旧入れ替え」など、それぞれの家庭事情を踏まえながら、効果的な節電・省エネ方法を提言。提言通りの生活に切り替えた場の節電・省エネ効果や、CO2排出削減効果などについて、個別の結果を提示することができるという。
石川さんは2008年以降、NPO法人・紀見サポートクラブ、玉川峡を守る会、ふれあいサロン・街っち箱、玉川漁業協同組合、元気ラリー城山台1丁目教室、安全な食を考える会などで「エコチャレンジ研修会」を12回(計190人)開催。「うちエコ診断」は24世帯、「首都圏家庭エコ診断」は3企業43世帯で実施。地球温暖化防止には、低コスト・エコ生活が大切なことを訴えてきた。
石川さんは「うちエコ診断のお願い」という〝啓発紙〟の中で、「家庭における省エネで、コストを削減し、温暖化の原因であるCO2の削減を、一緒に考えます」と呼びかけ、☆パソコンの知識・操作はまったく必要ありません☆無料です☆時間は約50分程度です☆結果をプリントして、お渡しします☆個人情報が漏出しないよう万全の対策を講じます☆ご自宅を訪問して診断させていただます(ご自宅以外をご希望の方は、別の場所を検討します)とし、申し込めば「申し込み用紙と簡単な事前調査表をお渡しします」と述べている。
申し込み・問い合わせは、石川さん(電話・FAX0736・37・2403)(携帯電話090・8129・6242)。
写真(上)(中)は「節電・省エネで地球温暖化防止を」と話す石川さん。写真(下)は、このように表示される「うちエコ診断」の総合・診断結果。

更新日:2012年7月29日 日曜日 21:34

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事