ニュース & 話題

京奈和道(高野口~かつらぎ)開通…知事ら祝う

京奈和自動車道「紀北東道路」の高野口IC(和歌山県橋本市高野口町大野)~紀北かつらぎIC(同県かつらぎ町大谷)の開通式が、4月22日午前10時から、紀北かつらぎIC近くの本線上テント内で行われ、同日午後3時、同区間が開通した。
開通式は近畿地方整備局、和歌山県、橋本市、かつらぎ町の共催で、雨の中、県市町や自治会、国県市町の各議員ら約300人が参集した。
最初に上総周平・同整備局長が「きょうの開通は皆さんのお陰です」と簡潔に謝辞を述べ、続いて仁坂吉伸・同県知事が「京奈和道路は、やがて、阪和自動車道や名阪など幹線道路とつながります。(それを前提に)うまく生活設計し、チャンスを生かし、大災害にも備えてください。京奈和自動車道は(和歌山で開催される)国体までに(阪和自動車道に)つないでいただきたい」と挨拶。地元の井本泰造町長も「これで国道24号の渋滞が緩和され、まちの産業・観光振興が期待されます。ありがとうございます」と喜びの言葉を述べた。
県内選出の衆参両院議員の祝辞、工事経過報告の後、万歳三唱、テープカットを行い、県警白バイ・パトカーの先導で、参加者の車や県立紀北工業高校のソーラーカーがパレードして開通を祝った。
午後3時には、紀北東道路(16・9キロ)のうち、高野口I~紀北かつらぎIC区間4キロ(暫定2車線)が開通。これにより奈良県五條市の五條北ICから、紀北かつらぎICまでつながり、雨とはいえ、一般車両が快適そうに走っていた。
写真(上)は京奈和道・紀北東道路の開通式で挨拶する仁坂知事と来賓の皆さん。写真(中)は開通した京奈和道・紀北東道路の高野口IC付近。写真(下)は開通した京奈和道・紀北東道路かつらぎIC付近を五條方面に走る先頭車両付近の光景。

更新日:2012年4月22日 日曜日 15:33

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事