ニュース & 話題

岡潔博士の著書〝復刻・出版記念会〟開催へ

世界的な数学者で、文化勲章を受章した岡潔(おか・きよし)博士(1901~78年)著の「日本民族の危機 葦牙(あしかび)よ萌えあがれ!」(日進報道)の〝復刻・出版記念式〟が、2月18日、東京都新宿区新宿5の17の3、花園神社・社務所で開かれることになった。岡博士・研究家の横山賢二さんら発起人は、激動する世界の中で、混迷する日本の姿を憂え、「今こそ岡先生の言葉に耳を傾けよう」と、参加を呼びかけている・
この本は1969年に発刊された「葦牙よ萌えあがれ!」(心情圏)の復刻版。横山さん(高知市)が、日進報道の遠藤留治社長と相談。日進報道は昨年「日本は東日本大震災という未曾有の被害を受け、政治、経済、社会も大混乱にある」として、岡博士が晩年に唱えた〝日本を救う情の哲学〟の復刻版を出版した。
帯符には「今日の国の乱れ、政治、経済、社会のどれをとっても実にひどい。原因は戦後教育の間違いにあった。このままでは国が滅びるぞという神々の啓示である。いまこそ本来の日本に…」と、岡潔博士の思いを記している。定価1600円+税。
〝復刻・出版記念式〟は午後3~同5時に講演会、同5~6時半に懇親会を予定している。会費は6000円(復刻本を含む)。発起人は遠藤社長や横山さん、花園神社の片山文彦宮司ら計12人。申し込み・問い合わせは日進報道(電話03・3431・9561)。
発起人らは、出版記念会のお知らせの中で、「岡先生の亡き後、日本は亡国の道を疾走してきたが、岡先生の著作が数年前から、再び人々の関心を呼び始めました。今こそ、岡先生の言葉にしっかりと耳を傾け、日本民族再興の指針と仰ぐべき時かと存じます。多くの方々のご参集をお願いします」と記している。
写真(上)は復刻・出版された「日本民族の危機 葦牙(あしかび)よ萌えあがれ!」。写真(中)は橋本市の名誉市民・岡潔さん。写真(下)は発起人の一人で昨年、橋本市議会議員らを対象に岡潔博士について講演した横山さん。

更新日:2012年1月24日 火曜日 00:05

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事