ニュース & 話題

紀北工と初橋が全国大会へ…マイコンカーラリー

    マイコンカーラリー全国大会に出場する紀北工業高校と初芝橋本高校の生徒たち
    マイコンカーラリー全国大会に出場する紀北工業高校と初芝橋本高校の生徒たち
    マイコンカーラリー全国大会に出場する紀北工業高校と初芝橋本高校の生徒たち
    近畿大会で好成績をおさめた紀北工業高校と初芝橋本高校の生徒たち
    マイコンカーを調整する紀北工業高校の生徒たち(女生徒は中岡さん)
    マイコンカーを調整する紀北工業高校の生徒たち(女生徒は中岡さん)

和歌山県橋本市の県立紀北工業高校の生産技術部は、第13回マイコンカーラリー近畿大会・アドバンスクラス団体の部で3年連続優勝を飾った。アドバンスクラやベーシッククラスで入賞した生産技術部の3人と電波研究部の1人は、来年1月に北海道で開かれる同全国大会に出場。アドバンスクラスで初優勝した橋本市の初芝橋本高校1年の中岡玖美さん(16)も同全国大会に出場することになった。
近畿高校長協会、同実行委共催で、大会は11月26日、大阪市旭区の大阪府立淀川工業高校で、アドバンスクラス117台、ベーシッククラス128台が出場。各自が独自製作したマイコン搭載の車(ロボット)で、1周50メートルのラインでスピードを競った。
紀北工業高校からは計26台が出場。アドバンスクラスで生産技術部の3年・溝内裕士さん(17)が準優勝、同2年・防野智洋さん(17)が4位、同2年・北山慶一さん(17)が予選3位。ベーシッククラスで電波研究部の1年・前田真佑さん(16)が準優勝。アドバンスクラスでは、予選タイム上位3台による合計タイムが、42・94秒と1位を記録、団体戦3連覇となった。
この成績により、4人は初芝橋本高校の中岡さんとともに、1月9日、札幌市の札幌国際情報高校で開かれる全国大会(全国工業高校長協会、同実行委共催)に出場することが決まった。生産技術部顧問の中岡進教諭は「ふだんは部員の創意工夫に任せていますが、よくがんばってくれました」と喜んでいる。
生産技術部の主将・溝内さんは「すでに2連覇しているので、3連覇できてホッとした気持ちです。全国大会では、少なくとも決勝トーナメントに進出し、できたら3位入賞を目指しています」ときっぱり。中岡教諭を父に持つ中岡玖美さんは「全国大会出場は、小学生の時以来5年ぶりです。近畿大会では、予選で車が飛び出し、一時はダメかと思いました。全国大会では、先ず初戦突破したいです」と控えめに話した。

更新日:2011年11月28日 月曜日 21:57

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事