ニュース & 話題

〝うたごえ広場〟30人楽しく~田中さんピアノ伴奏

    田中さんのピアノ伴奏で懐かしのメロディーを歌う参加者ら
    田中さんのピアノ伴奏で懐かしのメロディーを歌う参加者ら
    田中さんのピアノ伴奏で懐かしのメロディーを歌う参加者ら
    客席の間をユーモラスに歩き回り参加者の握手攻めに会う男性職員
    鍋ブタをハンドル代わりに旗をを持ったバスガイドを従え客席を走り回る男性職員
    鍋ブタをハンドル代わりに旗をを持ったバスガイドを従え客席を走り回る男性職員

昔の〝音楽喫茶〟のように、みんなで楽しく歌おうという「うたごえ広場」が、11月1日、和歌山県橋本市市脇の橋本地区公民館(大居満佐子館長)で開かれ、40~70歳代の人たちが、懐かしい曲を次々と歌い上げ、秋の午後のひとときを和やかに過ごした。
この「うたごえ広場」は、大居館長が企画し、知人で音楽家の田中和子さんがピアノ伴奏。歌の好きな男性2人を含む約30人が参加した。大居館長は「今年は東日本大震災や、台風12号による紀伊半島の被災など、自然災害が続きました。きょうはお互いに歌を歌って元気になりましょう」と挨拶、司会を務めた。
橋本商工会館2階の同公民館の会場には、〝懐メロ〟を満載した同公民館の〝手作り歌詞〟が置かれ、大居館長が「さて、何を歌いたいですか」と切り出した。5つのテーブルを囲んだ参加者からは、次々と希望曲が飛び出し、先ず「大阪ラプソディー」で始まり、「青春時代」や「恋のバカンス」などを挟んで、最後の「青い山脈」まで、計15曲を歌い上げた。
途中、同公民館の若い男子職員が、自ら黄色いゴミ袋で作った服を装い、背中に「きよし」とマジックで書いた紙を貼り、アルミホイールで作った大きな蝶ネクタイをつけて、喜劇人みたいに登場。皆で「きよしのズンドコ節」を歌うと、蝶ネクタイの〝きよし〟が、客席を踊りながらまわり、客席から握手攻めに遭っていた。
また、男性職員が大きな鍋(なべ)のフタを持ち、女性職員が軍手をはめて「大居日の丸観光」と書いた旗を持って登場。全員で「東京のバスガール」を合唱すると、男性職員は鍋ブタをハンドル代わりに、女性職員はバスガール気分で旗をかざして、客席を縫うように走った。これも大うけとなり、大きな拍手を浴びていた。
田中さんは、ピアノの手を休め、「当公民館は予算難のため、小道具が買えません。そこで先程、どうしたらいいかと知恵をしぼり、ゴミ袋や鍋ブタを使うことにしました」と説明。会場から爆笑が起きていた。しめくくりに、田中さんがグランドピアノで「ひまわり」(映画のテーマ曲)など2曲をロマンチックに披露し、参加者をうっとりさせていた。
同公民館の話では、この「うたごえ広場」は、昨年秋に続いて2回目。参加無料にして、ありあわせのジュースやコーヒー、紅茶、お菓子をセルフで提供。美しい田中さんのピアノ伴奏、愉快なトークもあり、参加者から好評を博した。大居さんは「この調子で今後も〝うたごえ広場〟を盛り上げていきます」と誓っていた。


更新日:2011年11月1日 火曜日 18:04

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事