ニュース & 話題

「一粒の種」に中高生ら感激~橋本で砂川さん歌う

    「一粒の砂」を歌う砂川恵理花さん
    「一粒の砂」を歌う砂川恵理花さん
    「一粒の砂」を歌う砂川恵理花さん
    橋本高校コーラス部と一緒に「一粒の砂」を歌う砂川さん
    橋本高校の生徒にひまわりの種をプレゼントする砂川さん
    橋本高校の生徒にひまわりの種をプレゼントする砂川さん

ある末期がん患者が言い残した「一粒の種でいいから生きていたい」という言葉から生まれた歌「一粒の種」を歌う、沖縄県・宮古島市出身の人気歌手・砂川恵理花(すながわ・えりか)さんの講演&ミニコンサート「砂川恵理花Smile Seed Project」が10月19日、和歌山県橋本市古佐田の県立橋本高校・古佐田丘中学校(中・高一貫)の体育館で開かれ、その歌と話の奥深さが、生徒計850人と一般客を感動させた
砂川さんは、沖縄県在住で、介護職の経歴を持つ異色シンガー。2006年にデビューし、09年2月には、実話をもとに宮古島の人たちが生んだシングル「一粒の種」を歌い、沖縄の年間トップセールスを記録。その後、全国の学校、病院、福祉施設などでミニコンサートを開き、「一粒の種」を歌って、「命の尊さ」「人と人との絆の大切さ」を訴えてきた。
この日の講演&ミニコンサートは、橋本市在住の和歌山県教委委員で童話作家の佐藤律子さんから、北浦健司校長に「心温まる歌手が沖縄におられ〝一粒の種〟というすてきな歌を歌っている。生徒たちに聴いてもらったらいかがでしょう」という話から実現した。
北浦校長は冒頭で「私も砂川さんのホームページを読み、購入したCDで歌を聴いて感激しました。当高校にも、ひまわりを育て、ひまわりの種を配って、皆さんに喜ばれている2年生の中村ゆうさんがいますので、砂川さんに来ていただきました」と挨拶した。
砂川さんは「私が介護士の仕事をしていた頃、施設に100歳のオバアと80歳の息子がいて、息子はオバアに叱られている。ああ、80歳になっても叱ってもらえるんだと、喜びを感じました」と話し、先ず、健やかに育てという願いが込められた沖縄の歌を歌った。
この後「私は歌手なりたくて上京し、オーディションで何度も失敗して、5年後に帰郷しました。友人の介護士の話では〝食事、トイレ介助〟をするたびに、『ごめんね』といっていたお年寄りが、ある日、突然、『ありがとうね』と言ってくれて、うれしかったという。その彼女の一言が、私の心に、魔術のように響き、介護士になりました」と、人生の岐路に立っていた自分を紹介。これまでは、ただ、歌手として、認めてほしいだけの「私」でしたと、すがすがしい表情で打ち明けた。
また、「私たちに時間は永遠にあるものではありません。1時間前に食事介助をさせてもらったお年寄りが、すでに亡くなっていたり、車イスで先程まで元気だったお年寄りが眠るように亡くなっていたり。〝死〟というものを突きつけられ、何度も葛藤もしました」と、辛い日々を紹介した。そのうえで、「施設のお年寄りに喜んでほしいという一心で、NHKのど自慢大会に出場すると、お年寄りが車イスから躍り上がり、拍手してくれたと聞いて、とてもうれしかった」と話した。
「一粒の種」の歌は、末期ガン患者が、老齢の両親を気遣いながら、死の直前にもらした言葉から生まれた。彼の言葉を耳にした看護師が、一編の詩にしたため、同郷の友人(ミュージシャン)が苦心して作曲。砂川さんが歌った。息子の死後、脳梗塞で倒れ、話せなかった老母が、この歌をきいた途端、元気に言葉を発している。
砂川さんは、その経過を説明した後、「一粒の種」を美しく澄んだ声で独唱し、続いて、この日のために練習を重ねてきた、橋本高校コーラス部の14人と一緒に合唱。全校生や一般客から大きな拍手を浴びた。最後に同中学校、高校の生徒が、砂川さんに「きょうはありがとう」と花束を贈呈。砂川さんは生徒たちに〝ひまわりの種〟をプレゼントした。
講演&コンサートの後、中村さんは「砂川さんの素晴らしいお話と歌から、素敵で大きな力をいただきました。私も同じ気持ちなので、がんばります」と誓い、北浦校長は「砂川さんの思いが、生徒たちの心に通じたと感じています。きょうのこの時間は、将来、きっと役立つと思います」と語った。
また、同市隅田町中島の特別養護老人ホーム「ひかり苑」で働く介護支援専門員・岡本安弘さんは、「砂川さんは介護の現場でしっかり生死のことを感じとり、歌を通じてその尊さを訴えておられます。きょうは実に感銘を受けました。私も介護の現場で、この感激を仲間たちに伝え、ともに生死の尊厳をわきまえ、がんばりたいと思います」と話した。


更新日:2011年10月19日 水曜日 21:59

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事