ニュース & 話題

橋本駅前の不審火で警戒徹底~ゴミ出しは当日に…

    不審火があった橋本駅前の空き家(右=橋本市は板壁を設置した)
    不審火があった橋本駅前の空き家(右=橋本市は板壁を設置した)
    不審火があった橋本駅前の空き家(右=橋本市は板壁を設置した)
    橋本署・橋本駅前交番が管内の家庭に配布したチラシ
    橋本署・橋本交番が発行したチラシ
    橋本署・橋本交番が発行したチラシ

和歌山県橋本市古佐田1丁目、JR南海橋本駅前の商店・住宅街で、空き家などが燃える2件の不審火があり、橋本署・橋本駅前交番と古佐田区は、周辺住民に〝不審者の発見通報と厳重警戒〟を求めるチラシを回覧し、注意を呼びかけている。
火災は8月17日未明、橋本市所有の木造2階建ての空き家(延べ約40平方メートル)付近から出火し、その一部(約10平方メートル)と、隣の倉庫の一部が焼けた。空き家は橋本駅前の中心市街地再開発事業を行うために買収、解体する予定で、誰も住んでいなかった。
現場周辺は、商店や住宅がみっしり軒を並べているが、たまたま、新聞配達員がいち早く火災を発見通報したため、延焼・大火を免れた。約30メートル東側の駐車場付近でも、ごみが燃える小火(ぼや)があり、橋本署は、いずれも普段、火の気のないところから、不審火と断定、捜査している。
橋本市は、不審火があった空き家の通路側に大きな板壁を設置、不審者が侵入しないようにした。
橋本駅前交番は「交番速報(9月号外)、不審火に対する警戒」という大見出しで、「発生場所周辺を重点的に警戒し、不審者・不審車両の発見に努めています。皆さんも被害に遭わないために、新聞紙等の燃えやすいゴミは前日や夜中に出さないようにしましょう」と訴え、情報は「110番」か「橋本書33・0110」へと協力を求めている。
一方、古佐田区(森繁美区長)は「頻発(ひんぱつ)する不審火について~協力お願い」との見出しで、橋本署は上記の火災を不審火と断定したことや、紙ゴミが盗難にあったことがあることなどを紹介。「くれぐれも家の周りの燃えやすいものの整理や、ゴミ出しは、当日朝に出すことを徹底してほしい」とし、町内会長から各班長を通じ、全世帯に伝達するよう訴えている。
橋本駅前交番では、地域住民とともに、とくに夜間警戒を徹底させ、犯人逮捕に向けて、目を光らせている。


更新日:2011年9月7日 水曜日 08:59

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事