ニュース & 話題

老衰克服サルスベリ開花~普賢院・樹齢250年

    老衰を克服して樹勢をとり戻しピンクの花を咲かせている普賢院のサルスベリ
    老衰を克服して樹勢をとり戻しピンクの花を咲かせている普賢院のサルスベリ
    老衰を克服して樹勢をとり戻しピンクの花を咲かせている普賢院のサルスベリ
    ほんのりと美しい普賢院のサルスベリ
    普賢院の白いサルスベリ
    普賢院の白いサルスベリ

和歌山県高野町高野山の普賢院(森寛勝住職)の名木・サルスベリが美しいピンク色の花を咲かせ、訪れる参拝者の心を和ませている。
 このサルスベリは樹齢約250年で、高さ約6メートル、枝張り約10メートルもあり、普賢院玄関前の境内で、ところ狭しと、深く根を下ろしている。
 普賢院の話では、このサルスベリは、1888年の高野山の大火で、多くの寺院が焼失した際も、奇跡的に生き残った。10数年前には老衰していたが、樹木医に頼んで治療し、今では樹勢を取り戻している。
 幹は空洞化している部分もあるが、地中の水を吸い上げて、しっかりと生きており、今年も、ぼんぼりのようなピンク色の花を、いくつも咲かせた。参拝者らは「老衰を克服して、見事に咲いた花を見ると、たくましいエネルギーをもらえる」と、心を打たれている。
 境内には、白や紫の花を咲かせるサルスベリもあり、今は白のサルスベリが梢(こずえ)あたりに花をつけている。普賢院は、高野山真言宗総本山・金剛峯寺のすぐ近くにあり、参拝・観光客らは、サルスベリを背景に記念撮影している。

更新日:2011年8月31日 水曜日 10:45

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事