ニュース & 話題

〝紀州へら竿〟を国伝統工芸品に~田中さん起源調査

    100年以上も前に作られた「竿正}製作のへら竿を披露する田中組合長
    100年以上も前に作られた「竿正}製作のへら竿を披露する田中組合長
    100年以上も前に作られた「竿正}製作のへら竿を披露する田中組合長
    漆塗りした竿を手洗いしながら国伝統的工芸品指定への思いを語る田中組合長
    自作の紀州へら竿のしなり具合をみる田中組合長
    自作の紀州へら竿のしなり具合をみる田中組合長

日本一の紀州へら竿(ざお)の産地、和歌山県橋本市の紀州製竿(せいかん)組合=田中和仁組合長(43)=は、紀州へら竿の「国の伝統的工芸品」指定をめざし、その〝ルーツ調査〟に取り組んでいる。田中組合長は「私の手元には100年前の竿師の手作りの〝へら竿〟がありますが、〝へらぶな釣りと和竿の歴史〟は、もっと遥かに古いはず。和竿に関する文献なり、浮世絵なりがあれば、ぜひ教えてほしい」と訴えている。
同組合には30~80代のプロの竿師45人が加盟。毎年、高野竹を使った和竿〟3000~3500本を全国に出荷。全国シェア90パーセントを占めている。
紀州へら竿は、竹伐りや竹をつなぐ生地組み、竹を真っ直ぐに伸ばす火入れ、漆(うるし)塗り、穂先削り、握り部分の装飾、仕上げ塗り…と繊細で、根気と丹精込めて作る日本の工芸品のひとつ。
同組合によると、橋本の若者たちが、大阪のへら竿師「竿正(さおしょう)」=溝口象二さん=1857年(安政4)~1922(大正11)年=から〝和竿〟の作り方を学び、以来、橋本の産業となった。最盛期の1950年代には100人近くの竿師がいたが、カーボンやグラスファイバー製の竿に押されて、今では半減したという。
それでも「へらぶな釣りは、和竿が最適」と、根強いファンが多く、1988(昭和63)年には、和歌山県から、その歴史、技法、品質などが認められ、県の「伝統的工芸品第1号」に指定されている。
田中組合長は、子供の頃から郷土・橋本の池で、へらぶな釣りを経験している。筑波大学(社会工学類)を卒業後、大手電機会社でシステムエンジニアとして働いたが、初めて〝紀州へら竿〟を買って、その手触りの良さに感動し、転職を決意した。
ベテランの紀州へら竿師・山上薫誉さんについて修業し、2003(平成15)年に竿名「和彦」として独立を許され、プロになった。昨年4月には、その実力と人望のあつさから、同組合の組合長に推され、就任。このとき「紀州へら竿は、県の伝統的工芸品に指定されているが、へらぶな釣りも和竿も、少なくとも〝ちょんまげ時代〟から行われていたはず。自然豊かな、わが国の伝統文化そのものです。なんとしても国の伝統的工芸品に…」と思い立ち、県の協力を得て、行動を開始したという。
国の指定を受けるには▽100年以上変わらない製法であること▽作り方は手工芸であること▽原材料は天然物であること▽30人以上の工芸家が活動していること、などの条件を満たす必要がある。
田中組合長は「手元には100年以上前の竿師「竿正」の作品があり、その製法を受け継いでいること、原材料は高野竹など天然物であること、組合の竿師は45人もいることなど、一応の条件は満たしているつもり。しかし、国の伝統的工芸品の指定を受けるには、当然ながら、そのハードルは高く、簡単ではありません」と前置き。
国(経済産業省)からは、たとえば、「和竿などというものは、100年前にいきなり生まれたものではないはずです。もっと古い、もっと深い、歴史があるはず。和竿のためにも、しっかりルーツを調べてほしい」と、厳しい指導を受けている。
その反面、同組合では、全国の太公望を集め「HERA1(全国へらぶな釣り選手権大会)」や、地元の小中学生を対象にした「和竿作り体験教室」、「へらぶな釣り大会」などを開催し、すべて竿師がボランティアで活動。その取り組みぶりは、国から高い評価を受けている。
田中組合長は「紀州へら竿作りは、後継者難で大変ですが、県とともに和竿の源流をたどり、必ず国指定をもらって、紀州へら竿を次世代につなげたい」と話した。


更新日:2011年8月25日 木曜日 15:37

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事