ニュース & 話題

家具や食品など大廉売。3月6日、橋本商工会館で「こんなんでました市」

    「こんなんでました市」をPRするポスター
    「こんなんでました市」をPRするポスター

不況風を吹き飛ばそうと橋本商工会議所は、需要を喚起する祭典「はしもとアウトレット こんなんでました市」を3月6日、橋本市市脇の同市商工会館で開く。8・6階全フロアで18事業所が家具や縫いぐるみ、アレンジフラワー、生活用品、加工食品などを大廉売する。5階では「いとおかしクラフトマンシップ」を開催。橋本・伊都地方の木工、陶芸、染色など16人の工芸作家が指導する組小細工、花小物製作体験や、作家の作品の展示即売がある。一方、1階の駐車場テントブースでは、橋本地方の「ひねどり」のおいしさをアピールする「ひねメニューコレクション」を開催。昨年秋の祭典「まっせはしもと」で人気を呼び、ひねメニューコンクールでグランプリに輝いた「ひねももの炭火焼」、準グランプリ「ひねすきうどん」をはじめ、同会議所自慢の「ひねめし」など計5種類を販売。キャラクター「ひねキング&ひよこシスターズ」も登場して、楽しさを盛り上げる。当日は1階のレストラン「ラポール」、喫茶「茜」が営業。各階会場でも喫茶コーナーが設けられる。この祭典は昨年に続いて2回目。同会議所は「昨年は駐車スペースが少なかったが、今回は近くの「国保橋本市民病院跡」を駐車場にできるので大丈夫。企画も昨年好評だった内容を生かし、充実させたので、お客様は昨年の2倍の2000人以上になるでしょう」と張り切っている。問い合わせは同会議所(電0736・32・0004)へ。

更新日:2011年2月1日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事