特集

<お知らせ>橋本の小峯寺で1日〝柴燈大護摩祈祷〟

奈良時代の修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が修練したと伝わる和歌山県橋本市小峰台の寶雲山「小峯寺」で、3月1日(日)、善男善女の願意を祈る〝柴燈大護摩祈祷(さいとうおおごまきとう)〟が営まれ、秘仏・馬頭(ばとう)観世音菩薩をご開帳する。雨天決行。
午後1時半から奉告法会、山伏行列、同2時から柴燈大護摩祈祷、同3時から大餅まきがある。柴燈大護摩祈祷は、厄除け、家内安全、学業成就などを祈願。
護摩札は紙札1000円、木札3000円で事前申し込みが必要。添え木護摩祈祷は1本300円で、当日午後1時までに同寺へ。問い合わせ・申し込みは同寺(電話=0376・37・0250)。
写真(上)は小峯寺の柴燈大護摩祈祷のポスター。写真(中、下)は過去の小峯寺・柴燈大護摩祈祷の光景。

更新日:2015年2月26日 木曜日 23:17

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事