ニュース & 話題

高野山麓アクセスバス運行決定♪観光スポット便利に

和歌山県の橋本・伊都広域観光協議会=会長・平野嘉也(ひらの・よしや)高野町長=は、多くの参拝・観光客が世界遺産・高野山や山麓の観光スポットを周遊しやすくしようと、9月16日(土)~11月26日(日)の土曜、日曜、祝日に限り「高野山麓世界遺産アクセスバス」を運行すると発表した。同協議会は「バス運行ダイヤ」「高野参詣道トレッキング」「イベント情報」などを紹介したパンフレット(A4判8ページ綴り)を作成し、市町や公民館など県内外要所に配布。「高野山と山麓の秋を満喫してください」とアピールしている。
同アクセスバスは▽JR・南海橋本駅前~丹生都比売神社前<乗り換え>~奥の院前=片道▽奥の院前~丹生都比売神社前<乗り換え>~橋本駅前=片道▽橋本駅前~丹生都比売神社前~橋本駅前=往復▽奥の院前~丹生都比売神社前~奥の院前=往復で、いずれも途中下車OK(但し運行方向に限る)。乗車料金は大人1200円、小人600円で、乗車券はアクセスバス車内でのみ購入でき、発売当日限り有効。
お得な「施設&飲食店」のクーポン付きで、高野山真言宗総本山・金剛峯寺・内拝料2割引き、丹生都比売神社・記念品プレゼント、九度山・真田ミュージアム入館料大人100円引き、小人50円引き、裁ち寄り処の商品1割引きかコーヒー1杯サービス。
お得な「対象飲食店」(割引券)は、十割蕎麦 天宏母屋、金澤寿翁軒、そば処 幸村庵、ベーカリーカフェ パーシモン、天野和み処 Cafe客殿、山荘天の里、角濱ごまとうふ総本舗、光海珈琲 高野山本店がある。
同アクセスバスは、かつらぎ町のコミュニティーバスと連絡し、他に「高野山・熊野」聖地巡礼バスや「関西国際空港~高野山」リムジンバス直行便もある。
高野参詣道トレッキングは「高野七口女人道と高野七弁天巡り」=10月22日(日)、「世界遺産不動坂第3回槇尾道ハイキング」=10月29日(日)、「第4回世界遺産高野山町石道ウオーク」=11月5日(日)、「第2回高野参詣道『黒河道』世界遺産トレッキング」=11月19日(日)、「世界遺産三谷坂実りの秋ウオーク」=11月25日(土)などを予定している。
一方、秋のイベントも橋本市高野口町の「高野口秋祭り 歩行者天国」=10月8日、かつらぎ町の「産業まつり」=11月18(土)19日(日)、九度山町の「くどやまアートウィーク2017」=10月1日(日)~同15日(日)、高野町の第33回大宝蔵展「高野山の名宝」平家物語の時代と高野山=10月14日(土)~12月3日(日)など多彩に繰り広げられる。
すべて詳細は「~橋本・伊都を巡って〝いと楽し〟~高野山麓世界遺産アクセスバス周遊キャンペーン」冊子にわかりやすく掲載。問い合わせ=「キャンペーン」は橋本・伊都広域観光協議会=伊都振興局企画産業課内(電話=0736・33・4909)、「バス利用」は南海りんかんバス「橋本営業所」(電話0736・32・0779)へ。
写真(上)は丹生都比売神社の本殿を拝観し丹生宮司から神仏習合の歴史を教わる中学生たち。写真(中)は子供や若者たちが素敵なダンスを繰り広げる橋本駅前広場。写真(下)はとくに紅葉の季節に賑わいを見せる壇上伽藍周辺。

更新日:2017年9月12日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事