ニュース & 話題

灯ろう奉納、先祖供養…24日、子安地蔵寺・地蔵盆

和歌山県橋本市菖蒲谷94の高野山真言宗・子安地蔵寺(島田弘恭住職)は、8月24日(土)、先祖供養や安産祈願などの伝統行事「地蔵盆千灯篭供養(せんとうろうくよう)」を営む。島田住職は、約300基の灯ろう明かりの中、「心静かに鐘を突いて、祈って下さい」と言っている。
灯ろうは高さ約30センチ、縦横8センチ角の角柱型で、下部に燭台がある。希望者は、灯ろうの周囲を囲った和紙に「先祖供養」「家内安全」「安産祈願」「子授祈願」「水子供養」「身体健康」などと筆で書いてもらう。
当日は日没後、本堂や鐘楼などから、境内に紐(ひも)を張り、奉納・灯ろうを吊るして、燭台のろうそくに灯をともす。午後7時頃から、島田住職が本堂で、参拝者の願いを込めて読経。参拝者も共に手を合わせて祈る。
なお、境内の鐘楼にある釣鐘は、安永7年(1778)鋳造で、太平洋戦争中は、金属回収のため、呉工廠(くれこうしょう)に運ばれたが、材質検査で穴が開けられただけで、戦後、同寺に里帰りした。穴はあるが、鐘の音は昔のままで、鐘楼は地元の中西久三さんが寄進したという。
この地蔵盆の行事は、ながらく途絶えていたが、約10年前に島田義弘・前住職が復活させた。当日は参拝者が鐘を一突きした後、灯ろうに火をともし、本堂に参拝。浴衣姿の家族連れらが、境内で記念撮影するなど、秋口の夜のひとときを過ごす。灯ろう奉納は1基3000円。入山料は300円。問い合わせは同寺(0736・32・1774)へ。
写真(上)は子安地蔵寺の山門内に飾られている「安産祈願」の灯ろう。写真(中)は奉納・灯ろうが吊るされ、ともされることになる鐘楼や本堂。写真(下)は地蔵盆を前にした子安地蔵寺・山門の大提灯。

更新日:2013年8月23日 金曜日 13:38

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事