ニュース & 話題

橋本北消防署、きょう開署式~北部の安心安全を…

    1日に開署、橋本北消防署(右は訓練塔)
    1日に開署、橋本北消防署(右は訓練塔)
    1日に開署、橋本北消防署(右は訓練塔)
    1日に開署、橋本北消防署
    1日に開署、橋本北消防署
    1日に開署、橋本北消防署

和歌山県橋本市消防本部は、10月1日、市北部の防災拠点として、同市小峰台1丁目32の7に新設した「橋本北消防署」の開署式を行う。同消防署は、既存の市役所前の橋本消防署や、小峰台の橋本市民病院などと連携を密にし、消防・救急体制を強化。市北部地域の〝安心安全の暮らし〟を確保する。
橋本北消防署は、鉄骨2階建て延べ約700平方メートルで、車庫、出動準備室、体力鍛錬室、消毒室がある。隣にヤグラ型の訓練棟・本棟(約100平方メートル)と、同副棟(約50平方メートル)がある。昨年夏、総工費約1億4700万円で着工していた。
橋本北消防署は、署長以下19人、はしご車、救急車など4台体制でスタート、化学工場などに対応する化学車の配備も予定している。
開署式は午前10時から、木下善之市長はじめ、伊都新興局長、橋本署長、消防長、橋本消防署長、県議、市議らが参集。木下市長が挨拶の後、主な関係者によるテープカットや、地元企業団体「一世の会」寄贈の〝天然石看板〟の除幕が行われる。訓練塔では、消防士による訓練の模様も披露される。
市北部は、約35年前から、丘陵地が次々と造成され、南海高野線・林間田園都市駅や、幼稚園、小中学校、高校を新設。城山台、三石台、小峰台、柿の木坂、彩の台などの住宅開発が、どんどん進められてきた。
約6年半前には、小峰台に橋本市民病院を建設。市役所近くの国保橋本市民病院から移転した。また、市北部の「紀北エコヒルズ」には、他府県から企業続々と進出していている。
橋本北消防署は、隅田町の一部を含む、市北部地域(約2万5000人)を管轄区域とし、火災予防や消火活動、人命救助に当たることになる。
住民からは「安心安全のまちづくり」「企業誘致に消防体制は不可欠」と、新しい消防署の建設を求めていただけに、「これでひと安心」と喜んでいる。

更新日:2011年10月1日 土曜日 03:20

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事