ニュース & 話題

「南風の紅型染展」開幕、堀内さんと弟子たち

    部屋いっぱいに飾られた南風の紅型染の作品
    部屋いっぱいに飾られた南風の紅型染の作品
    部屋いっぱいに飾られた南風の紅型染の作品
    訪れた女性たちに説明する堀内さん(左)
    堂本さんのチェロ演奏に聞き入る人たち
    堂本さんのチェロ演奏に聞き入る人たち

沖縄の伝統・染色芸術「琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)」の第一人者・城間栄喜氏(故人)の愛弟子で、和歌山県橋本市吉原520に住む堀内あきさん(70)と、その弟子たちの作品を飾った「南風(はえ)の紅型(びんがた)染展」が、5月5日、堀内さんの自宅にある「紅型工房」で始まった。同11日(水)まで。時間は午前10時~午後5時。入場は無料。
正門の「紅型藍染」と染め抜いた暖簾(のれん)をくぐると、深紅の牡丹や紅白のハナミズキが満開の庭。正面には屋根瓦と煙出(けむだ)しの素敵な母屋(工房)。右手に落ちついた離れがある。堀内さんと弟子12人は、母屋と離れに計80点を出展。
かすみに松梅模様の振袖、時計草や蔦草(つたくさ)の絵柄の帯、松竹梅と鶴のネクタイ、さらに、着尺、タペストリー、額絵など、いずれも美しく染め抜かれた約80点を展示している。また、鯉幟や招き猫、和傘などの絵の暖簾も、さりげなく通り口にかけられている。訪れた人たちは「沖縄の生活文化の素晴らしさを感じる」と見入っていた。
また、初日は寺前玲子さんの「逢」「遊」「響」などの書が飾られた庭て、堂本圓さんによるチャリティー・チェロ演奏会を開催。集まった会費は、東日本大震災の義援金として被災地に届けられる。
堀内さんは橋本高校、大阪教育大卒。中学校で美術を教えたあと1981年に城間氏(国の無形文化財)に師事。作品は沖縄タイムス展や沖縄工芸公募展などで受賞。89年に帰郷後しも西日本各地で個展を開催、その伝統芸術作品が、高く評価されている。
堀内さんは「私の作品は、ほとんど失敗作ですが、いいと思う作品だけを選んで出展しました」と話し、「ここへはお車が便利です。JR和歌山線・紀伊山田駅、南海高野線・御幸辻駅へも、お電話くだされば、お迎えにあがります」と言っている。電話は同工房(0736・32・3640)。

更新日:2011年5月5日 木曜日 14:17

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事