特集

<お知らせ>田中健ケーナライブ♪~4月、高野山大で

俳優でケーナ奏者の田中健(たなか・けん)さんが、弘法大師・空海の高野山開創1200年を記念して、4月27日(月)、和歌山県高野町の高野山大学・黎明館(れいめいかん)で、ケーナを演奏する。主催する田中健ライブ事務局は「澄み切ったケーナの音色は、世界遺産・高野山で、きっと皆さんの心に沁み渡ります」と、来場を呼び掛けている。
当日、田中さんは、ジャズピアニストの羽仁知治(はに・ともはる)さんのピアノに合わせて、南米・アンデス地方に伝わる楽器、葦製(あしせい)の縦笛(たてぶえ)・ケーナを演奏。背景では同時進行で、サンドアートパフォーマーの船本恵太(ふなもと・けいた)さんが砂絵を披露する。
同ライブは高野山・金剛峯寺が協賛。当日は午後7時開場、同7時半開演。入場料は前売り2000円、当日2500円(全席自由)。チケット・問い合わせは、田中健ライブ事務局(電話0736・56・3186)。
写真は「田中健ケーナライブ」のポスター。

更新日:2015年3月23日 月曜日 23:21

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事