ニュース & 話題

紀の川・恋野「仮橋」24日開通♪歩行や車などOK

橋梁変状による紀の川・恋野橋(和歌山県橋本市)の撤去作業に伴い、上流約200メートルで建設中の代替路・仮橋が3月19日現在ほぼ完成し、県伊都振興局は「3月24日(日)正午頃に供用開始する」と発表した。
代替路・仮橋は、災害時用の鉄製の簡易橋で、両岸に橋台各1基、川中に橋脚(高さ16メートル)2基を構築。長さ約143メートル、幅約7・5メートル(自転車・歩道2・5メートル)。仮橋から県道への取り付け道路を含むと、延長約344メートルになる。
歩行者、自転車、緊急車両、一般車両が通行OK。但し、準中型車(車両重量3・5トン超、最大積載量2トン超、定員10人超のいずれかの該当車)以上と、高さ2・8メートル超の車両は通行できない。
残り作業が早く済めば、24日正午よりも早く供用される。仮橋の供用開始後は、上流の迂回路・水管橋は通行止めとなり、代替輸送タクシー運行は終了する。
紀の川・恋野橋(県道・山内~恋野線)は、橋面変状のため、昨年11月2日から全面通行止め。すでに橋梁・橋脚を撤去し、右岸の橋台を撤去作業中。左岸の橋台は残される。すぐ東側で建設中の「新恋野橋」(仮称)は、2020年春の完成を目指している。
同川北側にはJR和歌山線・隅田駅、市立隅田中学校、飲食店、スーパーマーケットや銭湯があり、日々の暮らしに「橋」は不可欠で、流域住民は「誠にありがたい」と喜び、「新恋野橋もなるべく早く」と期待している。
写真(上)は24日開通予定の代替路・仮橋=紀の川北岸から撮影。写真(中)は同仮橋=上流の水管橋から撮影。写真(下)は同仮橋=紀の川南岸から撮影。

更新日:2019年3月20日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事