ニュース & 話題

地蔵盆・灯ともし情緒漂う~台風一過の橋本・愛宕山

和歌山県橋本市東家3丁目の真言律宗・妙楽寺=岩西彰真(いわにし・しょうしん)住職=所領の愛宕大権現(あたごだいごんげん)愛宕山で、8月24日夜、日本情緒が漂う「地蔵盆・灯ともし」の行事が行われた。
地元の有志約80人でつくる「あたご会」が主催。愛宕山はJR和歌山線北方にある小高い丘陵地の森で、本殿には本尊・将軍地蔵が祭られている。
岩西住職と地元の大勢の善男善女が、般若心経1000巻を読経して、市民の家内安全などを祈願。夜は約80段の石段の両側などに、約150基の置き灯籠が飾られ、ろうそくに火がともされて、灯籠に記された「国家安泰」「家内安全」などの、祈念文が浮かび上がった。
やがて境内中央の櫓(やぐら)の周囲には、踊り子の輪が二重、三重と出来て、ゆかた姿の女性や子供たちが、郷土伝統の「やっちょんまかせ」や「かわさき踊り」などを踊る。とくに女性たちは、夜空の月に指をかざし、ゆったりと艶やかに歩を進めた。
この「地蔵盆・灯ともし」行事は、終戦後ながらく途絶えていたが、約10年前に「あたご会」が復活させた。橋本市の元教育長で、東家区の松田良夫(まつだ・よしお)区長は「今回、幸いにも台風20号が早く過ぎ去ってくれたので、例年通り素晴らしい地蔵盆となりました。区民が仲よく踊れて、とてもうれしいです」と喜んでいた。
写真(上)は日本情緒漂う愛宕大権現の地蔵盆踊り。写真(中)は愛宕山の石段に飾られた綺麗な置き灯籠。写真(下)は「氷」の旗も涼しげに踊る女性たち。

更新日:2018年8月24日 金曜日 22:06

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事