ニュース & 話題

「高野の花たち」(157)原種♪シロバナノアザミ

シロバナノアザミ(白花野薊)は、キク科アザミ属の多年草。北海道を除く野山に咲き、花は白色で、葉には鋭い刺(とげ)があります。
先日、私は高野山の外周をたどる道、高野三山(摩尼山、陽柳山、転軸山)を歩き、花の撮影をしていると、地元の山本洋子さん(82歳)が声をかけてくれました。「高野の花たち」のことを話すと、「これは高野三山に咲いていた原種のアザミですよ」といって鉢植えされ、見事に咲いたシロバナノアザミを見せてもらいました。私にとって、花との出会いは初めて。美しい白色は、白の花嫁衣裳をイメージし、新しい人生に向けての喜びと決意が感じられます。
山本さんは「この花を大事に育て、種をとり山に撒くつもり」と話してくれました。ノアザミは春先のまだ柔らかいとき、天ぷらにして食すとおいしいといわれています。花言葉は「ひとり立ち」。
高野三山には、私の見たこともない花がまだまだあって、そっと咲いているのでしょう。クマやシカが出没すると聞くと、一人では山道を逸れて歩くには勇気がいります。山本さんの気持ちに感謝します。(M記)

更新日:2018年6月21日 木曜日 16:46

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事