ニュース & 話題

ウインズ平阪さん父子歌う♪恋野あじさいまつり楽し

奈良時代の中将姫伝説で知られる、和歌山県橋本市恋野の「恋し野 あじさい園」で、6月17日、「あじさいまつり」(同実行委員会主催)が開かれ、紫陽花(あじさい)が満開の丘陵地は、橋本・伊都地方や近府県から訪れた大勢の観光客でにぎわった。
「恋し野 あじさい園」は、地元住民が約20年前から、本田池(ほんでんいけ)周辺で、紫陽花(あじさい)約50種5000本を植栽。今は紫陽花が手毬(てまり)のように開花して、中将姫の隠れ里の趣(おもむき)を感じさせている。
この日午前9時、迫力いっぱいの紀州紀ノ川太鼓の演奏でオープニング。平木哲朗(ひらき・てつろう)市長が観光客に挨拶。午後1時には橋本市高野口町出身のシンガーソングライター・ウインズ平阪さんと、長男で和歌山大学大学院生・平阪靖啓(やすひろ)さんが、ギターを抱えて登場。
「高野口サンバ」「君が抱きたい」「笑い話」など約10曲を歌うと、大勢のファンが手を振ったり拍手したり。2人が家族愛や恋愛などについて、面白おかしくトークを繰り広げると、何度も笑い声が起きていた。
テント張りの仮設店舗では、名物・恋野米や餅、野菜、ソフトクリームなどを販売。観光客らは木陰でかき氷などを味わいながら、色鮮やかな紫陽花風景を堪能していた。
写真(上、下)は「恋し野 あじさい園」の特設ステージで父子仲良く歌うウインズ平阪さん=手前=と靖啓さん。写真(中)は緑の木陰の紫陽花そばでウインズ平阪さん・靖啓さんの「トーク&ミニライブ」を楽しむ人たち。

更新日:2018年6月18日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事