ニュース & 話題

「キッズ医療体験」開催♪29日(土)橋本の紀和病院

地域の子供たちに医療現場を学んでもらう真夏の祭典・紀和カーニバル「キッズ医療体験」が、7月29日(土)、和歌山県橋本市岸上の医療法人南労会・紀和病院で開かれる。同実行委員会=実行委員長・梅村定司(うめむら・ていじ)医師=は「医療スタッフを身近に感じ、診察・手術・治療に安心感を持ってほしい」と、参加を呼びかけている。雨天決行。「キッズ医療体験」は無料。
キッズ医療体験は「手術室ツアー」「ドクター体験」「放射線科見学ツアー」「AED操作体験」「なりきり写真館」「車いす乗車体験」などがある。
例えば、「手術室ツアー」はドクターや患者役になり、「ドクター体験」は疑似手術体験や超音波検査体験、「なりきり写真館」はドクター白衣や、ナース帽・ワンピースに着替えて、持参のカメラ・携帯電話で撮影。
「手術室ツアー」や「ドクター体験」は小学生以上で、「放射線見学ツアー」を含めて電話予約が必要。「体験スタンプラリー」もあり、体験スタンプを集めるとステキな賞品がプレゼントされる。
一方、同病院の敷地内では、屋台・ステージが設けられ、屋台では、たこ焼き、大判焼き、フランクフルト、かき氷、ジュース(計600円)を販売、金魚すくい(100円)などもある。ステージでは歌やダンスが繰り広げられる。
体験ブースは午後3時~同5時、屋台・ステージは同5時~同7時。この祭典は地域の子供(小学生以上)と地域の大人たちを対象にしている。
電話予約(手術ツアー、ドクター体験、放射線科見学ツアー)の受付は、7月18日(火)からで、定員になり次第受付終了。申込はKIWAカーニバル(電話・代表=0736・34・1317)=で、受付は平日の午前8時30分~午後5時。
同実行委員会は平成27年(2015)から「真夏の祭典!紀和カーニバル」を開催し、これまでは「盆踊り」を催したが、今回は「子供たち(保育園児~中学生)に、病院業務の体験・見学を通じて、医療に興味を持ち、実際の受診・手術・治療にも安心感を持ってほしい」と考え、「キッズ医療体験」を企画・開催することにした。
写真(上)は紀和病院。写真(中)は小学生に医療の大切さを教える梅村医師(実行委員長)。写真(下)は紀和病院の一室と導入された最新鋭・MRI装置。

更新日:2017年7月10日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事