ニュース & 話題

春を呼ぶ「高野の火まつり」♪願意届けと2000人

世界遺産・高野山(和歌山県高野町)に春を呼ぶ「高野の火まつり」(大柴灯護摩供=だいさいとうごまく)が3月5日、高野山真言宗総本山・金剛峯寺前の駐車場で営まれた。山開きや霊場開き、諸願成就を祈る恒例行事で、全国から約2000人の善男善女が集まり、厳かに執り行われた。
高野の火まつり実行委員会=目黒寿典(めぐろ・じゅてん)委員長=が主催。高野山の子供や若者たちでつくる「高野和太鼓 童 DONKAKA(わらべ どんかか)」による、勇ましい和太鼓演奏で開幕した。
本山の中西啓寶(なかにし・けいほう)座主管長と、山伏(修験者)姿の僧侶約50人が、四方を竹と綱と紙垂(しで)で囲んだ結界内に登場。中西座主管長が清めの「洒水加持(しゃすいかじ)」、修験者らが大斧(おおおの)や剣(つるぎ)、弓矢で邪気払いの儀式の後、「ブゥオオー」と吹き鳴らす法螺貝(ほらがい)の音を合図に、檜葉(ひば)で組まれた護摩壇に点火すると、たちまち真っ赤な炎と昇龍のような煙が立ちのぼり、願文を書いた護摩木を次々と投げ入れた。
最後に大勢の参拝・観光客が、次々と修験者から錫杖(しゃくじょう)で背中を撫でてもらいながら合掌、家内安全や健康長寿、世界平和などを祈った。
高野山の天候は曇りで微風、気温も9度前後と穏やかで、参拝・観光客らは「霊場高野山で、素晴らしい火まつりを観覧できた」「修験者から加持祈祷を受け、心身ともにすっきりした」と話し合っていた。
写真(上、下)は「高野の火まつり」で激しく炎と煙を上げる護摩壇。写真(中)は儀式開始の挨拶を交わす修験者。

更新日:2017年3月6日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事