ニュース & 話題

はたごんぼと歌奉納へ♪高野山・金剛峯寺・雑事のぼり

和歌山県橋本市~高野町の高野参詣道「黒河道(くろこみち」で、12月5日(月)、世界遺産に追加登録されて初めての「雑事(ぞうじ)のぼり&はたごんぼの歌奉納」が行われる。主催する同市の農事組合法人「くにぎ広場・農産物直売交流施設組合」=岡本進(おかもと・すすむ)組合長=は「祝 世界遺産の感謝を込めて、はたごんぼと歌を捧げたい」と言っている。小雨決行。
紀伊国名所図会によると、雑事のぼりとは、高野山麓の人々が、農産物を集めて、食料事情の厳しい高野山まで、黒河道をのぼり奉納すること。
当日は午前7時30分、同市南馬場の産直市場「くにぎ広場」で出発式。県、市職員や組合員ら約30人が参加、はたごんぼ(ごぼう)20キロを用意。はたごんぼ5、6本を入れた2つの背負子(しょいこ)を2人ずつ交代で担ぐ。くにぎ広場~宝蔵寺~明神ケ田和~市平橋~久保小学校~子継峠~高野山真言宗総本山・金剛峯寺(延べ16・7キロ)を歩く。
金剛峯寺では午後4時頃にはたごんぼを奉納。農作業に参加しながら、都市農村交流に働く、シンガーソングライター・Choji(チョージ)さんが、自ら作詞作曲した「はたごんぼの歌」(仮称)を奉納、ギター演奏しながら歌うことになっている。
同組合の素和治男(そわ・はるお)理事は「これまで黒河道の世界遺産・追加登録を目指して、大勢の参加をいただき、雑事のぼりを続けてきました。今回、その念願が実ったので、Chojiさんの新曲とともに、はたごんぼを奉納して祝いたい」と話している。
写真(上、下)はいずれも過去の「雑事まぼり、はたごんぼ奉納」の風景。写真(中)は今回「はたごんぼの歌」を金剛峯寺に奉納することになったChojiさん=左=2014年7月、高野町筒香で。

更新日:2016年11月30日 水曜日 21:01

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事