ニュース & 話題

「高野の花たち」(82)踊る傘おばけ?ヤブレガサ

ヤブレガサはキク科ヤブレガサ属の多年草で、高野山転軸山の雑木林で見つけました。春先に若い葉が土から出たときの姿が、すぼめた破れ番傘によく似ていることが名前の由来です。
下草がまだ伸びていない春先の山地で、このおもしろく愛嬌のある姿に出会うと、傘おばけが春の陽気に誘われて踊り出している様で楽しくなります。
この時期の草丈は10~20センチですが、次第に伸びて50~100センチになり、2段ほどの大きな葉になります。葉は手のひらを大きく広げたような形になります。破れ傘の全開です。
花は初夏に花茎が出て茎の頂部で白と薄黄色が混ざった様な渋い花を数輪咲かせます。
破れ傘状態の時がおもしろくて、鉢植えを買ったものですから、花が咲いていても、何の花なのか思い当たらなくて…。私にとっては、そんな思い出のある植物です。花言葉は「透きとおる心」。(K記)

更新日:2016年6月17日 金曜日 20:41

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事