ニュース & 話題

防犯カメラ贈り社会貢献誓う♪橋本RC創立60周年

和歌山県橋本市の「橋本ロータリークラブ創立60周年記念例会」が6月9日、同市隅田町下兵庫の橋本カントリークラブ例会場で開かれ、同会員と韓国の姉妹クラブ「居昌(コチャン)ロータリークラブ」会員や橋本、九度山、かつらぎの各市町長ら関係者約70人が出席、「奉仕の理想を持ち、住みよい社会へ邁進しよう」と誓い合った。
同例会は築野一郎(つの・いちろう)さん、後藤清(ごとう・きよし)さんの司会で進行。橋本RCの米田恵一(よねだ・けいいち)会長が、居昌RC(韓国慶尚南道居昌郡)から寄贈された逸品「銅鑼(どら)」を叩いて開会。平林國男(ひらばやし・くにお)さんのソングリーダーで、居昌「大韓民国国家」「君が代」「R-O-T-A-R-Y」を斉唱。居昌RCと橋本RCの物故者に黙祷を奉げた。
米田会長は橋本RCが昭和31年(1956)8月9日、和歌山RCと海南RCの指導で誕生し、スポンサークラブなど諸先輩のお陰で創立60周年を迎えられたと謝辞。「生活の場に奉仕の理想を以て行動し、より住みよい社会になりますように邁進します」と挨拶。全員拍手で賛意を示した。
橋本RCは橋本市のJR高野口駅前や応其小学校付近など4か所、九度山町の九度山小学校、かつらぎ町のJR妙寺駅前など各3か所の計10か所に防犯カメラを設置。一方、インド・ネパールの5小・中学校の校舎増改築を進め、ネパール大地震で遅れている最後の1校も11月に完成する予定。
この日の例会で、米田会長は橋本市の平木哲朗(ひらき・てつろう)市長、かつらぎ町の井本泰造(いもと・たいぞう)町長、九度山町の岡本章(おかもと・あきら)町長に対し「防犯カメラ目録」を贈呈、同3市町長から感謝状を受け取った。
来賓祝辞で平木市長は「少子高齢化、地方創生が叫ばれる中、魅力あるまちづくりへ、皆様方のお力添えをお願いします」と訴え、居昌RCのジョギウォン会長は「橋本RCの力強い牽引力、統率力を期待しています」と挨拶した。
懇親会は酒向征時(さこ・まさじ)式典委員長が司会進行。辻秀和(つじ・ひでかず)第2640地区ガバナーの音頭で乾杯。防犯カメラ設置風景の写真展や、ネパール学校校舎増改築と、開校祝賀風景などのビデオ放映を観覧した。
会場には「橋本ロータリークラブ讃歌」(平林國男さん作詞、ウインズ平阪さん作曲)が流され、会員も来賓も「まちづくり」や「社会貢献」への話題に心を弾ませていた。
写真(上)は「橋本ロータリークラブ創立60周年記念例会」で挨拶する米田・橋本RC会長=手前は平木・橋本市長や岡本・九度山町長、井本・かつらぎ町長ら来賓の方々。写真(中)は橋本RCが贈呈設置されたJR・高野口駅前の防犯カメラ。写真(下)は橋本RCがネパールの学校校舎を増改築し開校を喜ぶ子供たち。

更新日:2016年6月10日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事