ニュース & 話題

「高野の花たち」(78)ヤマイバラはべっぴんさん?

九度山から高野山へ通じる国道371号線。矢立の交差点を過ぎ、車だと12、3分走ると、左手崖にまぶしいほどに白い花の群れが目に入り、近づくと心地よい甘い香りが漂ってきます。満開になったヤマイバラ(山薔薇)の花です。
ヤマイバラはバラ科バラ属で、山地の日当たりのよい場所で、他の樹木などに棘(とげ)を絡めて、数メートルにまで這い上がる落葉半蔓低木です。
長楕円形の葉をつけ、枝先に直径4~5センチの白い花をつけます。人を引き付ける「べっぴんさんの花」ですが、花言葉はなぜか「下品」。
私はここで写真を撮り終え、いま上がってきた国道を少し戻ることにしました。以前から国道から垣間見る1本の杉の木に注目していたからです。
その場に着くと、何本かある杉の1本の下から上まで全体がヤマイバラの花に覆われ、まるでクリスマスツリーのような、華やかな形を成していました。
ヤマイバラは、他のものに寄りかかって這い登るという性質がある理由が一目瞭然で、自然が織りなす見事な光景に感動させられました。(H記)

更新日:2016年5月31日 火曜日 22:15

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事