ニュース & 話題

「高野の花たち」(64)気丈な愛ですサンシュユは

サンシュユ(山茱萸)はミズキ科サンシュユ属で、花言葉は敬慕、気丈な愛。
中国原産で、江戸中期に挑戦半島から渡来した落葉小低木です。薬用植物として寺などにも植えられ、木の高さは3~5メートルです。
ハナミズキの仲間ですが、花弁状の総苞の部分がなく、短枝の頂部に金色の小花が多数かたまって咲き、木全体が金色に包まれることからハルコガネハナ、秋には1・5センチほどの鮮紅色の長い楕円形のグミのような実がなることから、アキサンゴとも呼ばれます。
梅の香りに誘われる頃に開花するサンシュユ。高野山町石道では、90町石から92町石付近までの、道の左上で栽培され、林のようになっていて圧巻です。(S記)

更新日:2016年3月27日 日曜日 20:45

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事