ニュース & 話題

水の女王・前畑さん♪NHK朝ドラ誘致・3市連携へ

和歌山県橋本市の名誉市民で日本人女性で初のオリンピック水泳金メダリスト・前畑秀子(まえはた・ひでこ)さんの人生ドラマを〝NHK朝ドラ〟で放送してもらおうと、橋本市教育委員会は、全市民を対象に誘致実現に向けての署名活動を始めた。前畑秀子朝ドラ誘致実行委員会も、前畑さんが郷土・紀の川で育まれた後、生涯を過ごした名古屋・岐阜両市との連携活動を本格化させ、堀畑佳久(ほりはた・よしひさ)副委員長は「前畑さんの人生資料を集めながら、水の女王を育んだ舞台・紀の川とともに世界へ発信したい」と言っている。
前畑さんは大正3年(1914)橋本町(現・橋本市)出身。昭和7年(1932)のロサンゼルス五輪・女子200メートル平泳ぎで銀メダル。厳しい鍛錬を重ね、昭和11年(1936)のベルリンオリンピック同競技で、見事、金メダルを獲得した。
その競技場面はラジオ実況放送で、NHK・河西三省(かさい・さんせい)アナウンサーが「前畑ガンバレ、前畑ガンバレ」と連呼し、最後には「前畑勝った、前畑勝った、勝った、勝った、勝った…」と叫んで、全国民の心をゆさぶった。
前畑さんは先ず、自宅近くの紀の川で水泳を覚え、名古屋市の椙山(すぎやま)女学園で鍛錬。五輪Vの後、岐阜市の開業医と結婚、育児・病院手伝い、水泳指導を実践して、平成7(1995)に80歳の生涯を閉じた。
紀の川が育んだのは、ベルリン五輪に一緒に出場して、女子400メートル自由型で6位入賞した同郷の故・小島一枝(こじま・かずえ)さん、戦後のメルボルン・オリンピック200メートル平泳ぎで世界新・優勝を飾った同郷の故・古川勝(ふるかわ・まさる)さん=橋本市名誉市民=がいる。
朝ドラ誘致実行委は、市内各地のイベント会場で、朝ドラ実現への署名活動を行い、市教委も今月から市内全区の回覧板を通じて署名運動を開始。その一方、橋本市の平木哲朗(ひらき・てつろう)市長は名古屋市に河村たかし市長を訪問するなど、同誘致実行委や市議らの訴えで、先月には岐阜市の細江茂光(ほそえ・しげみつ)市長や市議有志、名古屋市の市議有志が橋本市を訪問。
橋本市郷土資料館で前畑さんの写真や新聞記事などを閲覧し、多くの資料を収集。前畑さんや小島さん、古川さんが幼少の頃から泳いだ紀の川や、飛び込み岩などを見学。橋本・名古屋・岐阜の関係3市連携運動が進められている。また今月下旬には、子供たちが紀の川見学に訪れる計画もあり、飛び込み岩などに多くの関心が集まっている。
古川さんの1年後輩で、共に紀の川で泳いだ友人の理容業・有川雅三(ありかわ・まさぞう)さん(80)は、「今は上流にダムが出来て、水量が少なくなりましたが、少年の頃は水量も多く、流れも速く、私たちは上流に向かって、必死で泳ぎました」と述懐。
前畑さんが晩年、脳こうそくで倒れた際に再三、岐阜市に前畑さんを見舞った同郷の阪口繁昭(さかぐち・しげあき)さん(87)は「日本を元気にした前畑さんの偉業は、彼女を育んだ紀の川とともに、何としても後世に伝えてほしい」と希望。
堀畑・副委員長は「今後、水泳選手や観光客が、どんどん紀の川を見学に来られると思うので、案内板は必要だし、通路や見学場所の整備、清掃なども必要です。朝ドラ誘致活動とともに頑張りたい」と語った。
写真(上、下)は前畑、小島、古川さんらを育んだ紀の川と、ダイビングした岩々。写真(中)は紀の川にダイビングする前畑さん=手前=と小島さん。

更新日:2016年3月3日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事