ニュース & 話題

「高野の花たち」(55)梅鉢紋似のウメバチソウ

前回に続いて高野山に近いある場所で取材したウメバチソウ(梅鉢草)です。ウメバチソウはユキノシタ科で山野の日当たりの良い湿ったところに生える多年草です。花言葉は「いじらしさ」。
葉は心臓形で、夏から秋(8月~10月)にかけて、数本の花茎を伸ばし、2センチから3センチほどの白い5弁の花を、茎の頂に一つの茎に一つつけます。花の形が天満宮の紋章で有名な梅鉢紋に似ていることが名前の由来です。花を真上から見ると本当に梅に似ています。
草丈は5センチから30センチと変化に富んでいます。花茎を抱いている1枚の葉がとても印象的です。晩秋の高野山を飾るにふさわしい清楚な花です。(S記)

更新日:2015年11月19日 木曜日 20:52

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事