ニュース & 話題

花火6000発&歌・ダンス♪サマーボール内容決定

和歌山県橋本市南馬場の緑地広場で、8月1日(土)に開かれる第3回「紀の川橋本 SUMMER BALL(サマーボール) 」(同実行委員会主催)の開催内容が決定した。今年の花火大会は、紀の国わかやま国体の〝橋本市の炬火〟でジャンボ花火を打ち上げて開幕するなど、大いに盛り上がりそう。
「SUMMER BALL」は午後3時~同9時、南馬場緑地広場(紀の川河川敷)で開催。先ずステージでは、紀の国わかやま国体の炬火イベントの後、高野町花坂出身のFMはしもとパーソナリティーで歌手の岡本愛美(おかもと・えみ)さんと、橋本市高野口町出身のシンガーソングライター・浦部陽介(うらべ・ようすけ)さんが、ミニライブを披露。市民18個人・団体による歌やダンスなどが繰り広げられる。
途中、セレモニーでは永坂知之(ながさか・ともゆき)実行委員長や平木哲朗(ひらき・てつろう)大会長(市長)らが挨拶。
名物・花火大会は午後8時に開始。10分前には、FMはしもとパーソナリティーのジョンテラ子さんの司会でカウントダウン。8時と同時に、国体〝橋本市の炬火〟を使って、ジャンボな8号玉に点火、ドカーンと打ち上げて開幕。国体のマスコットキャラクター「きいちゃん」花火を含む、約6000発の花火を打ち上げる。
会場は約90テント・ブースに地元企業・団体・商店が出店。飲食物や物品販売、PRが行われる。
最寄り駅は南海高野線・紀伊清水駅か学文路駅で、いずれも会場まで徒歩約20分。橋本駅、きのかわ支援学校、向副緑地広場から、無料シャトルバスが運行する。
駐車場は向副緑地広場600台、橋本市保健福祉センター約100台、橋本市役所周辺約200台、きのかわ支援学校約70台、学文路スポーツセンター約100台。
今年は南馬場緑地広場が後日、紀の国わかやま国体のソフトボール会場となるため、同実行委は7月27日(月)から、天候を見極めながら開催の可否を判断。「SUMMER BALLフェイスブック」か「橋本商工会議所ホームページ」で広報することにしている。
橋本市岸上の紀の川北岸堤防(市脇川の橋~やっちょん広場の約1キロ間)近くにある「REST&CAFE 志野」経営・木多浦(きたうら)しのぶさんは、「すでに当店は予約客で満員御礼ですが、この北岸堤防は、花火見物に絶好の場所ですよ」と、花火ファンに紹介している。
問い合わせは同実行委員会(電話=0736・32・0004)。
写真(上)は「SUMMER BALL」のポスター紹介に協力する木多浦さん。写真(中)は小雨の中打ち上げられた一昨年の花火の光景。写真(下)は「花火見物はこの堤防がいい」と紹介する木多浦さん。

更新日:2015年7月10日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事