ニュース & 話題

Chojiさんギター弾き語り~7月の自然・筒香で

大自然と野外コンサートを楽しむ「田んぼオブザワールド2015 in筒香(つつが)」(同実行委員会主催)が、7月25日(土)、和歌山県高野町中筒香の「筒香よりより広場」(旧・筒香小学校)で開かれる。耕作放棄地の再生などの地域活性化を実践するシンガーソングライター・Choji=チョージ・村田智則(むらた・とものり)さん=は「自然散策、地元の人たちとのおしゃべり、伝統の盆踊りなどを楽しんでください」と呼びかけている。
高野町富貴(ふき)・筒香地区は、高野山・山麓の小さな農山村。アユ・アマゴの棲む清流・玉川(紀伊丹生川)沿いに田園が広がり、稲作をはじめ、特産のミョウガ(茗荷)作りなど、旬の野菜を栽培している。
同実行委は、自然や里山保全、棚田の再生、親睦などを図る、「富貴・筒香田んぼつくりタイ」「筒香寄合会」「筒香さとやま保全会」「筒香婦人会」「SCRAMきのくに」(やどり温泉いやしの湯)「NPO法人よこはま里山研究所」で組織していて、「田んぼオブザワールド」は筒香の魅力を再認識し、地域を盛り上げようという目的で、2012年から毎夏開催、今年で4回目になる。
当日は「筒香を楽しむ時間」(午後1~5時)と「コンサート」(午後5~7時)があり、「筒香を楽しむ時間」は、それぞれゆったりと筒香を散策。途中、農家の縁側で、お茶とおしゃべり。かかしづくりワークショップや「筒香よりより広場」の見学、飲食、野菜購入などを楽しむ。
「コンサートは」特設ステージにChojiさんが登場。農作業から生まれたオリジナルソング「田んぼオブザワールド」「軽トラでゴー」などをギターやピアノ弾き語りで披露。アコーディオン、ギターの中村大史(なかむら・ひろふみ)さんがゲスト出演する。昔から郷土に伝わる盆踊り音頭「やっちよんまかせ=Chojiバージョン」を歌い、筒香婦人会の女性たちが着物姿で踊る。音頭取り、踊りについては、参加者からも募ることにしている。
これまでの、イベント参加者の感想は、「田んぼのバックが最高」「ヒグラシの声がBGMにぴったり」「ハスがよく釣れた」「これぞ日本の夏!雷鳴、稲光、夕立、涼風」「あ~ビールがうまい」「ライブも素敵」「夏の思い出に残るライブでした」など、感激そのものとなっている。
Chojiさんは横浜市出身、三重県松阪市在住。2012年に友人のいる筒香で、田植えや草刈、農作業を体験しながら、地域交流型野外イベント「田んぼオブザワールド」を企画。2014年には約4年間にわたる各地集落での交流、体験を元にアルバム「田んぼオブザワールド」を発売。環境・地域活動も2005年から現在まで、植樹、水源林・里山保全、集落支援事業などに貢献している。
Chojiさんは和歌山県伊都振興局で開かれた記者会見で、「筒香には昔『やっちょんまかせ』という盆踊りがあったことを知り、80歳代の方々に歌ってもらったり、踊ってもらったり。すると筒香の中でも上筒香、中筒香、下筒香とでは、微妙に音頭も踊りも異なりました。しっかり資料収集したうえで、私なりの『やっちょんまかせ』を制作しました」と説明。
また、「このイベント『田んぼオブザワールド』を通じて、筒香の内外の人々が親戚づきあいのような間柄になり、耕作放棄地がなくなり、地域活性化のモデルケースになればいいな、と思っています」と語った。
筒香在住で実行委事務局を担当する山本亜紀子(やまもと・あきこ)さんは「自然もChojiさんの歌も最高ですよ。ぜひ、お越しください」と言っている。
チケットは一般前売り(予約)2500円、当日3000円。中学生・高校生1500円。小学生以下は無料。実行委では「必ず事前予約をお願いします。小さい集落ですので、予約多数の場合は、受付を締切とさせていただくことがあります」としている。
▽問い合わせ・チケット申し込み=株式会社ツキオン・エンターテイメント(村田智則社長=神奈川県横浜市南区六ツ川2の54の19)=代表電話(090・8519・9064)か、山本亜紀子さん=携帯電話(090・5784・5128)へ。
写真(上)はギター弾き語りをするChojiさん=左=昨夏の田んぼオブザワールドで。写真(中)はChojiさん。写真(下)はChojiさんの音頭で「やっちょんまかせ」を踊る着物姿の女性ら参加者たち。

更新日:2015年6月26日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事