ニュース & 話題

古里創生に知恵と力を!~東京橋本会で70人交流

東京を中心に関東で活躍中の和歌山県橋本市出身者らで組織する「東京橋本会」の平成26年度総会・親睦会が、このほど東京都港区のメルパルク東京で開かれ、会員や橋本の商工農林、議会関係者ら約70人が参加して、「郷土・橋本の発展に協力しよう」と、それぞれ心に誓い合った。
最初に西川元啓(にしかわ・もとよし)会長(野村綜合法律事務所弁護士)が開会挨拶に立ち、「橋本市では計29社の企業誘致が進み、ホテルルートインも3月に営業開始。京奈和自動車道も延伸中で、来年には新紀見トンネル着工の運び。地方創生には、ぜひ、皆さんのお知恵を市に寄せていただきたい」と強調した。
木下善之(きのした・よしゆき)前市長に代わり、初めて出席した平木哲朗(ひらき・てつろう)市長は「今年は、日本女性で初めて、ベルリンオリンピック水泳200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した、橋本出身の前畑秀子さん(故人)の生誕100周年です。前畑さんの物語を、ぜひ、東京オリンピックまでに、NHK・朝ドラに採用していただけるよう、現在、資料収集に力を入れています。また、地方創生についても、市役所内にプロジェクトチームを編成し、橋本再生・創生に何が必要かをしっかり議論しますので、皆さんのご支援をお願いします」と祝辞を述べた。
総会の後、親睦会・余興を開催。市職員が制作した、前畑秀子さんの「NHK連続テレビ小説・誘致用PRビデオ」(約5分)を放映。紀の川で泳ぐ若き日の前畑さんや、飛び込み石の写真などが紹介され、出席者を楽しませた。
余興として賞品が当たる抽選会を開催。ハウス食品はディズニーランドのペア入場・食事券2組、橋本商工会議所は和歌山県の伝統的工芸品・紀州高野組子細工「衝立(ついたて)」5枚、高野口商工会はパイル織物関連商品5個、紀北川上農協はJAあんぽ柿の詰め合わせ5ケースを提供。幸運を射止めた会員らはホクホク顔だった。
また、全員にお土産として、郷土の富有柿や柿の葉寿司、頑張れ焼き、紀州館(東京)の温州みかん、ハウス食品のカレールー、ウコンの力、観光パンフが贈られた。
途中、橋本市のマスコットキャラクター「はしぼう」をお披露目し、会場には高野口町の橋本市地場産業振興センター「裁ち寄り処」が地場産品を展示するなど、2時間半はあっという間に経過。全員「来年もよろしく」と再会を誓っていた。
同会事務局担当の橋本市企業誘致室・宮田典和(みやた・のりかず)室長は「お陰様で和やかな交流となりました。この親睦会は世代を超えた、橋本出身者の同窓会です。とくに若い人たちは、同郷の先輩たちと、楽しく交流してほしい」と入会を呼び掛けている。東京橋本会への入会費・年会費は不要。問い合わせは、橋本市企業誘致室(0736・33・1211)。
[平成26年度の東京橋本会の役員は次の皆さん]
▽会長=西川元啓(にしかわ・もとよし)野村綜合法律事務所弁護士▽副会長=石城太造(いしき・たいぞう)・NPO法人新現役ネット会員▽副会長=瀧井道治(たきい・みちはる)株式会社SUMCO代表取締役副社長▽副会長=岩上伸(いわかみ・しん)和光堂株式会社代表取締役社長▽幹事=松山優治(まつやま・まさじ)国立大学法人電気通信大学監事▽幹事=上田富三(うえだ・とみぞう)アドソル日進株式会社代表取締役社長▽幹事=神谷和秀(かみたに・かずひで)イオン株式会社執行役▽幹事=中谷誠(なかたに・まこと)農林水産省研究統括官▽会計=森下淳次(もりした・じゅんじ)株式会社富士通システム統合研究所取締役▽監事=廣浦康勝(ひろうら・やすかつ)ハウス食品グループ本社株式会社専務取締役▽監事=小坂光由(こさか・みつよし)株式会社淺川組東京支店営業部長▽顧問=堀内才一(ほりうち・さいいち)株式会社ホリウチ代表取締役会長▽顧問=三浦和彦(みうら・かずひこ)日本児童教育専門学校統括相談役▽顧問=神谷和男(かみたに・かずお)フジメタル株式会社営業開発室長。
写真(上)は開会挨拶をする西川・東京橋本会会長。写真(中)は会員にお披露目される橋本市のマスコットキャラクター「はしぼう」。写真(下)は祝辞を述べる平木・橋本市長。

更新日:2014年11月21日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事