ニュース & 話題

高野山ろうそくまつり~今夜、ご先祖・無縁仏供養

ご先祖や無縁仏を供養する恒例の第41回「ろうそくまつり」(万灯供養会)が、8月13日(水)午後7時~同9時、和歌山県高野町高野山、奥の院・浄域で営まれる。今回は午後6時から30分間、奥の院・一の橋で、高野町花坂出身の人気上昇中のシンガーソングライター・岡本愛美(おかもと・えみ)さんのライブが予定されている。

「ろうそくまつり」は同実行委員会などが主催、高野町青少年団体連絡協議会などが共催。奥の院・参道は、一の橋から弘法大師・御廟(ごびょう)までの約2キロ。古い石畳が続き、あたりは千年杉の木立におおわれ、戦国大名や庶民の無数の墓石群が建っている。
「ろうそくまつり」は約1000年間、燃え続けているといわれる、奥の院・灯籠堂(とうろうどう)の火をいただき、ろうそくに移す。参拝者は各ブースで無料配布された計10万本のろうそくを、参道脇に設けられた燭台に立て、手囲いしながら各自、火を点して合掌、ご先祖と無縁仏を供養する。
奥ノ院の英霊殿前で文字型に灯す祈心灯(きしんとう)は2個500円、足元を照らしながら歩く提灯(ちょうちん)は1基1000円。一の橋か中の橋付近の販売ブースに置いている。

主催者は「ろうそく祭りは雨天決行としていますが、その時の風雨の状態次第では、ろうそく祭りを中止する場合もあります」と言っている。

奥の院・参道のトイレは、参道内や参道入り口付近に数ヶ所ある。参道内は蚊が多いので、防虫スプレーなどの携行が賢明。

参道内での飲食は禁止で、参道入り口付近にレストランがある。中の橋駐車場には屋台も出る。駐車場は混雑するので、主催者側は公共交通機関の利用をすすめている。
問い合わせは高野町まち未来課(電話0736・56・3000)。
写真(上)は昨年のろうそくまつり風景。写真(中)は第41回「ろうそくまつり」をPRするポスター。写真(下)はご先祖をお迎えする高野山・金剛峯寺の切子灯籠(きりこどうろう)。

更新日:2014年8月13日 水曜日 00:10

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事