ニュース & 話題

花火大会(サマーボール)開催~足元、竜巻に注意!

第2回「紀の川橋本 SUMMER BALL(サマーボール) 」が、和歌山県橋本市の南馬場緑地広場(紀の川河川敷)で、開催される予定の8月2日(土)午前、橋本・伊都地方は雨天となったが、同実行委員会=前田陽一郎委員長=は、同日朝開いた実行委員会で、気象庁は「夕方には雨が上がる」と予報しているとして、大雨・洪水警報などが出ない限り、予定通り開催することに決定した。

同実行委の話では、午前9時現在、雨は午後6時頃に降り止む予報だが、仮に雨が降り続いた場合、翌3日の日曜日は紀の川が増水するので、花火大会は予定通り2日開催、可能な限り打ち上げたいとしている。

午後1時現在、会場周辺は、かなり強い雨が降り続いているが、関係スタッフはずぶ濡れになりながら設営準備に大忙し。同広場は、長靴を履かないと歩けないほどにぬかるんでいて、来場者には「足元に注意するように」と呼びかけてる。

また、橋本市防災推進室は午後2過ぎ、和歌山県に竜巻などの激しい突風が発生しやすい状況になっていると発表(この情報は同日午後6時まで有効)。雷や積乱雲の近づく兆しがある場合、頑丈な建物などに避難するよう、注意を促している。

サマーボールは同日午後3〜同9時に開催。ステージイベントは午後3時から、子供たちによるダンスやバトントワリングと〝はしもとこどもわぁるど〟と題した水かけゲームなどを予定。

また〝市民歌合戦〟があり、FMはしもと・パーソナリティーのジョンテラ子さんが総合司会、郷土出身の歌手・岡本愛美(おかもと・えみ)さんと浦部陽介(うらべ・ようすけ)さんがキャプテンを務め、市民10人が「赤」「緑」チームに分かれて、自慢のノドを競う。さらに岡本さんと浦部さんが、それぞれ30分ずつ、オリジナル曲などを披露することになっている。

サマーボール式典では、平木哲朗(ひらき・てつろう)大会長(市長)、前田実行委員長らが挨拶。

花火大会は午後8時から開始。約5000発の花火が打ち上げられ、真夏の夜空に大輪の花を咲かせて、紀の川の空と川面を彩ることになる。
雨の状況次第で、河川敷に危険性が予測される場合、計画変更が行われる。
会場は約100テント・ブースに地元企業・団体・商店が出店。飲食物や物品販売、PRが行われる。

▽駐車場=向副緑地広場600台。保健福祉センター100台。きのかわ支援学校70台。

▽シャトルバス(無料)=JR・南海橋本駅~伊都振興局、きのかわ支援学校~学文路スポーツセンター。注=向副緑地広場からのシャトルバス運行は行われない。

▽最寄駅やシャトルバス乗降場、駐車場から会場までの距離・所要時間(徒歩)の目安=紀伊清水駅から1・2キロ(20分)、学文路駅から1・6キロ(25分)、伊都振興局から1・4キロ(20分)、学文路スポーツセンターから2・2キロ(30分)、保健福祉センターから1・9キロ(30分)。紀伊山田駅から神野々緑地(臨時・花火観覧場所)までは1・4キロ(20分)。
▽協賛イベントは次の通り。
<剣道大会>橋本市剣道協会主催。午前8時〜午後1時、紀見北中学校で。
<柔道大会>橋本市柔道連盟主催。午後1時〜同5時、県立橋本体育館で。
<囲碁大会>中央公民館(紀の川碁友会)主催。午前10時〜(受付は午前9時半〜)、橋本市教育文化会館で。
<平和の鐘を鳴らそう>橋本ユネスコ協会主催。8月15日(木)正午〜午後2時半、橋本市岸上の徳明寺で。

問い合わせは紀の川橋本 SUMMER BALL実行委員会事務局(橋本商工会議所内=電話0736・32・0004)、橋本市商工観光課(電話0736・33・1111)。

写真(上)は強い雨に煙る紀の川のサマーボール会場周辺=背景は国城山。写真(中)は昨年夏のサマーボールで打ち上げられた花火とそれを見物する人々。写真(下)は雨にぬかるんでいるサマーボール会場。

更新日:2014年8月2日 土曜日 13:13

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事