ニュース & 話題

京奈和道(かつらぎ町~紀の川市間)30日開通式

京奈和自動車道「紀北東道路」の紀北かつらぎIC(同県かつらぎ町大谷)~紀の川IC(紀の川市神領=じんりょう)12・9キロ間の開通式が、3月30日(日)、紀の川ICで行われる。これで平成24年(2012)4月に開通した高野口IC~紀北かつらぎIC間を含めて「紀北東道路」(計16・9キロ)は、暫定2車線で全線開通し、橋本市~紀の川市間の移動時間が大幅に短縮されることになる。
また、紀の川ICから和歌山市の阪和自動車道に接続する和歌山JCT(ジャンクション=仮称)間の「紀北西道路」(12・2キロ)も、平成27年度中の完成を予定。同年夏の「紀の国わかやま国体」に間に合わせようと工事は急ピッチで進められている。
今回の開通で、橋本・伊都方面から和歌山市方面に向かう場合、紀の川ICから北側近くの広域農道を走るか、一旦、南に走って国道24号線に出た後、西に走ることになる。、
京奈和自動車道「紀北東道路」の開通式は、国交省近畿地方整備局、和歌山県、紀の川市、かつらぎ町が共催。
午前10時から、打田太鼓「天翔」の演奏や、紀の川市立なるき保育園の園児の演武でオープニング。開式の辞で、池内孝司・近畿地方整備局長が式辞、仁坂吉伸・和歌山県知事、中村慎司・紀の川市長、井本泰造・かつらぎ町長が挨拶、衆参両院議員の来賓祝辞、地元企業(団体)が企業祝辞を述べる。
さらに第二阪和道・京奈和自動車道・太平洋新国土軸建設促進議員連盟の門三佐博会長の発声で、全員、万歳を三唱。午前11時からテープカット、同15分から餅まき、同30分から「通り初め」をして祝う。但し、打田太鼓、保育園児の演武、餅まきは、雨天の場合、中止となる。
写真(上)は開通を待つ京奈和自動車道「紀北東道路」の粉河付近。写真(中)は京奈和自動車道の「紀北東道路」などの略図。写真(下)は京奈和自動車道「紀北東道路」紀北かつらぎIC付近=紀の川市へはここから直進することになる。

更新日:2014年3月28日 金曜日 00:01

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事