ニュース & 話題

大雨の中「献灯祭」~光三宝荒神~家内安全など祈る

日本三大荒神の一つ、和歌山県橋本市神野々の光三宝荒神(ひかりさんぽうこうじん)「観音寺」=菅原章光住職(74)=で、9月3日、恒例の「献灯祭」が営まれ、全国から集まった信者らが、ろうそくに火を灯し、家内安全、健康長寿などを祈った。
光三宝とは、仏(仏さま)、法(仏さまの教え)、僧(仏さまの教えを守る人)のこと。荒神とは火の守護神のことで、光三宝荒神は日本三大荒神の一つとされている。
この夜は、断続的に大雨に見舞われたが、全国から大勢の信者らが参拝。菅原住職ら僧侶3人が、般若心経を唱え、東日本大震災の犠牲者の冥福を祈って黙とう。三味線グループが演奏奉納した。
同荒神では「荒神とは、荒れる火を鎮める神様。荒天といえどもまたしかり」としており、信者らは大雨に濡れながらも、延べ1万本のろうそくと、約150基の灯ろうに火を灯した。ろうそくの火は激しい雨に打たれ、たびたび消えたが、信者らは何度もともし直して、一心不乱に手を合わせていた。
写真(上)は光三宝荒神の「献灯祭」でろうそくに火をともす女性たち。写真(中)は光明を放つ灯ろう。写真(下)はろうそくに火をともす女性たち。

更新日:2013年9月4日 水曜日 07:48

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事