ニュース & 話題

紀の川祭でなくサマーボールだよ!〜3日、初開催

和歌山県橋本市の〝火と水の祭典〟「紀の川祭」と「紀の川カッパまつり」を統合した「紀の川橋本 SUMMER BALL(サマーボール) 」が、8月3日(土)午後3時〜9時、同市南馬場緑地広場(紀の川河川敷)で、初めて開かれる。主催者の同実行委員会では「今回は〝紀の川祭〟でも〝カッパまつり〟でもなく、祭典の名称は〝サマーボール〟であり、開催日も場所も、昨年までとは違っています。お間違いのないようにお越しください」とPRしている。
ステージイベントは午後2時55分から和太鼓衆団 高松一家、同3時10分から紀の国やっちょん振興会、同3時半からスタジオ キャッツアイ、同3時50分からDance Society M.N.Aw、同4時10分からフィットネススペース スプラッシュ、同4時半からKiama.I ☆ Dance、同4時50分から小原田 小原庄助の会、同5時10分からひがわりフォーク(うさぎとひーちゃんバンド)、同5時半からスノードロップ、同5時50分から岡本愛美さん、同6時から浦部陽介さんが出演。同6時10分からひねキング&ひよこシスターズ&たまごキッズも愛嬌をふりまく。同6時半からセレモニーがあり、同7時からは「BALL」の「舞踏会」という意味から、「みんなで踊って楽しもう」をスローガンに、「はしもとサタデーナイトフィーバー」が繰り広げられる。
〝こどもわあるど&橋本Cafe〟(午後3時〜同7時半)は、常設コーナーで〝ひも相撲〟〝メンコバトル〟〝工作体験〟〝らくがき〟があり、午後4時半〜同5時は水かけゲーム、同5時半〜同6時はミニ運動会(玉入れ、さがし物競争)、同6時半〜同7時半はちびっこダンス教室がある。
市民期待の「花火大会」は、午後8時〜同8時半、ステージイベントの「はしもとサタデーナイトフィーバー」と連動して、紀の川河川敷から約5000発の花火が打ち上げられる。今回、会場となる河川の幅が、以前よりも広いことから、これまでにない〝ジャンボ花火〟が夜空と川面を染めることになる。
会場では100数十のテントブースが設けられ、飲食料、物品販売、企業、団体PRなどが行われ、約50の露店も出店することになっている。
同サマーボール・大会長の木下善之・橋本市長は「今回は、紀の川祭と紀の川カッパまつりを統合した、初の記念すべき祭典です。とくに花火大会は、紀の川の北岸、南岸とも、高台や見晴らしのいい場所が多いので、楽しんでいただけると思います」と言っている。
協賛イベントは次の通り。
<剣道大会>橋本市剣道協会主催。午前8時〜午後1時、橋本中学校体育館で。
<柔道大会>橋本市柔道連盟主催。午後1時〜同5時、県立橋本体育館(武道館)で。
<囲碁大会>中央公民館(紀の川碁友会)主催。午前10時〜(受付は午前9時半〜)、橋本市教育文化会館3階和室で。
<平和の鐘を鳴らそう>橋本ユネスコ協会主催。8月15日(木)正午〜午後1時、橋本市隅田町真土の極楽寺で。
駐車場は、これまで「紀の川祭」が開かれてきた会場(橋本市向副緑地広場)で約500台収容(無料)。但し、すぐ満車になるので、公共交通機関の利用をすすめている。
当日はシャトルバスが午後2時半〜9時半、JR・南海「橋本駅」〜会場、向副緑地広場駐車場〜会場の間をピストン往復する。周辺道路では、午後2時〜同10時半、交通規制が行われる。小雨決行。荒天の場合は4日(日)に順延。
また、同祭典の翌日午前6時から、会場の南馬場緑地広場とその周辺、対岸の堤防周辺を約2時間がかりで、ごみ収拾を行う予定で、実行委員会では清掃ボランティアを募集している。
問い合わせは橋本商工会議所(電話0736・32・0004)豊澤さんか長坂さんへ。
写真(上)は紀の川南岸の堤防から見たサマーボール会場風景。写真(中)は南馬場緑地広場の中央付近に設けられた特設ステージ。写真(下)は紀の川南岸堤防から見たサマーボール会場の風景。

更新日:2013年8月2日 金曜日 14:47

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事