ニュース & 話題

高野山・青葉娘4人お披露目〜降誕会で散華

高野山(和歌山県高野町)の開祖・弘法大師(空海)の降誕会「青葉まつり」(6月15日)を控えて、祭典を古式豊かに飾る「青葉娘」が決まり、5月13日、高野山真言宗総本山・金剛峯寺でお披露目された。
今年の「青葉娘」は、金剛峯寺職員の福森弓佳さん(24)(高野山)、高野山観光協会職員の村田朱さん(21)(かつらぎ町)、紀陽銀行行員の池田晴奈さん(24)(橋本市)、高野町役場職員の柏田珠恵さん(26)(高野山)の4人。
青葉まつりは15日(土)午前9時から、高野山・大師教会大講堂で法要が営まれた後、正午から高野山・一の橋〜金剛峯寺間の目抜き通りで、「花御堂渡御」「稚児行列」「大師音頭」など約1500人の行列が練り歩く。
青葉娘4人は「花御堂渡御」に登場し、千早装束姿で、山車の上から絵札をまく〝散華(さんげ)〟を行い、沿道の人々の幸せを祈る。
この日、青葉娘4人は、高野山開創1200年記念大法会のマスコットキャラクター〝こうやくん〟とともに、報道陣の写真撮影に応じ、金剛峯寺や山門、鐘楼わきなどで、にっこりと笑顔を見せて、「青葉娘に選ばれてうれしい」「青葉祭には人々の幸せを祈り、しっかり散華します」「全国から大勢の参拝・観光客がきてほしい」と話した。
なお6月14日(金)には、青葉まつり〝前夜祭〟が行われ、商工会青年部による「奉燈行列」があり、力作の〝ねぶた〟が山内を練り歩く。
写真(上、中、下)は、高野山開創1200年記念大法会のマスコットキャラクター「こうやくん」とともに記念撮影する「青葉娘」(左から福森さん、村田さん、池田さん、柏田さん)。

更新日:2013年5月14日 火曜日 01:19

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事