ニュース & 話題

菜の花見物や歌謡ショー〝花まつり〟23日開催

和歌山県橋本市は「第6回花と緑のリサイクル 花まつり」を3月23日(土)(雨天は翌日に順延)午前10時~午後3時、同市小峰台の橋本市民病院前の〝菜の花栽培地特設会場〟をメイン会場に開催する。橋本市と協賛の橋本市衛生自治会は〝生ゴミ堆肥で花咲かそう運動〟に取り組んでいて、「菜の花の美しさと、様々なイベントを楽しんでください」とPRしている。
橋本市民病院前の広大な畑では、まだ背丈は低いものの、すでに菜の花が咲いて、まるで黄色いジュウタンを敷いたような美しさ。はるかに高野山系、大峯山系の山々が眺められ、早春の風景を呈している。
当日、この特設会場で午前10時~11時10分、オープニングセレモニーがあり、開会式や表彰式、境原小学校太鼓クラブによる〝境原っ子太鼓演奏〟が披露される。
午前10時半~午後3時には「廃食用油と食用油の交換」があり、廃食用油を元の容器か、ペットボトルに入れて持参すると、先着100人にこめ油(500グラム1本)と交換。「ごみに関するアンケート」回答者・先着500人にプランター1個が進呈される。
また、午後1時15分~同55分には、第48回和歌山県吹奏楽コンクールで金賞を受賞した初芝橋本中学校高等学校吹奏楽部による吹奏楽演奏があり、同2時から同20分、橋本市在住の人気歌手・葵小百合(あおい・さゆり)さんの歌謡ショーがある。
また、午前11時25分~同45分、伊都・橋本地球温暖化対策協議会が、地球温暖化○×クイズを出し、正解者には景品を進呈。同11時15分~同20分には「紀の国わかやま国体」と「紀の国わかやま大会」のマスコット・紀州犬の〝きいちゃん〟が両大会のPRに登場する。
メイン会場~山内区間の〝はなな街道〟には、花まつりハイキングコース(自由散策=往復約6キロ)が作られていて、ハイキングコースマップはメイン会場でもらえる。
一方、協賛事業として「菜の花畑で宝探しラリー」があり、「はなな街道」(山内区)では3月23日(雨天の場合は翌日)午前10時から午後3時まで、「万葉古道」(真土区)では3月28日(雨天決行)午前10時から午後1時まで、「国城花参道」(西畑区)では3月31日(雨天決行)午前11時から午後2時まで、開催することになっている。
「花まつり」の問い合わせは橋本市市民部環境衛生課(0736・33・6100)、「菜の花畑で宝探しラリー」の問い合わせは橋本市衛生自治会事務局(0736・39・3030)へ。
写真(上)は橋本市民病院前で美しく咲いた菜の花。写真(中)は菜の花畑に置かれた〝生ゴミ堆肥〟をつくる容器。写真(下)は高野山系や大峯山系の山々をバックにした橋本市民病院前の菜の花畑。

更新日:2013年3月16日 土曜日 10:28

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事