ニュース & 話題

高野山&温泉行きOK~国道371〝片側通行〟に

和歌山県高野町の〝霊場・高野山〟や同県橋本市宿の〝やどり温泉いやしの湯〟などに通じる同市彦谷の国道371号線は、道路拡幅工事のため全面通行止めなどの通行規制が行われていたが、2月16日(土)から終日、片側交互通行ができるようになった。
これに伴い〝やどり温泉いやしの湯〟では、平常営業を再開したが、県伊都振興局建設部は「工事現場の事情により、近い将来、再び全面通行止めになる可能性もある」と言っている。
この拡幅工事は県営工事で、玉川峡沿いの犬戻り~〝やどり温泉いやしの湯〟の中間付近で行われている。工事は6月頃まで続く予定で、今年1月15日から2月15日まで、曜日・時間により、「全面通行止め」や「片側交互通行」が実施されていた。
このため、橋本市商工観光課では、国道371号(橋本市賢堂~同温泉経由~高野山・奥の院)を走れない時間帯については、国道370号(橋本高野橋~九度山町経由~高野山・大門)を利用するよう案内していた。
近い将来、再び全面通行止めになる可能性があるので、「国道371で高野山や同温泉に行く場合、橋本市や同温泉のホームページなどで、通行確認してほしい」と呼びかけている。
問い合わせは橋本市商工観光課(電話・代表050・7102・9600)、やどり温泉いやしの湯(電話0736・32・8000)。
写真(上)は「全面通行止め」を解除し「片側交互通行」となった国道371号・拡幅工事現場付近。写真(中)は高野山真言宗総本山・金剛峯寺。写真(下)は〝やどり温泉いやしの湯〟

更新日:2013年2月16日 土曜日 09:11

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事