ニュース & 話題

台風!橋本・伊都地方それる~警戒態勢を解除

非常に強い台風17号は9月30日午後3時頃、和歌山県串本町の潮岬付近を通過し、午後8時頃には同県橋本・伊都地方に発令中の「大雨、洪水、暴風警報」が解除されたため、橋本市(木下善之市長)は警戒態勢を解除した。
この日午前6時半、橋本市は橋本市消防本部と共に「大雨、洪水、暴風警報」発令に伴う警戒態勢に入った。午後1時半には、防災無線やメール配信で、全市民に「大雨、洪水、暴風警報が発令中です。この後、さらに雨や風が強くなることが予想されますので、外出を控えるとともに、今後の台風情報に十分注意してください」と呼びかけた。
市民安全課や建設課の職員計15人は、橋本市消防本部と共に、和歌山県防災システムや紀の川ダム統合管理事務所(奈良県五條市)からの情報、国交省や気象庁のネット情報を活用。市内を流れる紀の川やその支流、紀の川上流の降雨状態、ダム放流量などの情報を集めた。
一方、職員は市内全域を車でパトロール。道路に倒れた木々や竹、強風に吹き飛ばされた看板などを取り除いた。幸い橋本・伊都地方は、台風の直撃を免れたため、風雨は予想を大きく下回り、橋本市職員は「負傷者や建物被害などの情報は1件もなくて良かった」と言っている。
午後8時半には、風雨も完全におさまり、紀の川は濁流ながら、氾濫の危険性はなくなっている。
写真(上)は午後4時過ぎの濁流の紀の川・橋本橋上流。写真(中)は、白昼大雨の中、ヘッドライトをつけて京奈和自動車道を走る車。写真(下)は午後4時過ぎの橋本市民会館や橋本商工会館が見える橋本市の市街地。

更新日:2012年9月30日 日曜日 20:48

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事