ニュース & 話題

全国グルメ大集合〝橋本~元気祭〟大にぎわい

「橋本 元気祭 グルメが夢を生む」と銘打って、全国の美味しい食べ物を一堂に集めた「グルメサーカスinわかやま橋本」が、9月8日、和歌山県橋本市北馬場の県立橋本体育館で始まった。かつてない〝グルメ&エンターテイメント〟イベントだけに、駐車場はたちまち満車となったが、橋本・伊都地方や大阪、奈良両府県から訪れた大勢のグルメファンは、〝豊富グルメの探訪〟を満喫していた。9日(日)も開催される。
このイベントは、NPO法人グルメサーカス(神戸市)が主催、同サーカス橋本実行委員会(橋本市)が共催。和歌山県、橋本市、橋本商工会議所、高野口商工会、橋本市観光協会、JA紀北かわかみ、伊都橋本産業創造センターなどが後援。
同体育館の内外(計約75ブース)に、全国の有名店が出店。北海道ブースをはじめ、全国ご当地グルメ、地元名産品、地元グルメ、人気のスィーツ、噂のラーメンなどがずらり。
橋本・伊都地方を中心に和歌山県内からは、わかやま橋本グルメ振興会の「ぶた重・なす重」、高野口商工会青年部の「黒毛和牛塩焼き・わらびもち」、JA紀北川上農協の「ふわとろ丼」など25店が郷土の〝味自慢〟を見せた。
全国からは、八天堂クリームパンや北海道の海鮮弁当をはじめ、ラーメン、たいやき、みたらし団子、ホルモンうどん、からあげ、寿司、スノーアイス、ソフトクリームパフェなど、うまいもののオンパレード。
訪れた家族連れや、職場のグループなどグルメファンは、「あれを食べよう」「これを買おう」などと口々にしゃべりながら、初めて口中に広がる不思議な味を堪能していた。
橋本商工会議所の岸田俊規専務は「地元の多くのボランティアのお陰で、素晴らしいイベントが実現しました」と感激。同グルメサーカス橋本実行委員会の梶川重遠委員長は「全国の人気グルメのお祭りを橋本で開けば、大勢のグルメファンに来ていただけるし、郷土のグルメも全国にアピールされます。今後、全国各地で開催されるグルメサーカスでの出店活動やネット販売も、大きく勢いづきます」と張り切っていた。
9日は午前10時~午後5時。入場料は高校生以上=1人300円。
写真(上)は橋本体育館の通路も大勢のグルメファンで賑わう〝グルメサーカスinわかやま橋本〟。写真(中)は長い列ができた店舗でクリームパンを買う女性たち。写真(下)は小雨の中、傘を差してグルメ巡りをするファンたち。

更新日:2012年9月8日 土曜日 11:14

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事