ニュース & 話題

橋本川が急増水、菖蒲谷で山崩れ…市警戒態勢

激しい梅雨豪雨により、大雨洪水警報、土砂災害警戒情報が出された和歌山県橋本市は6月22日午前1時過ぎ、警戒2号態勢をとったが、一時、急上昇した橋本川の水位が低下したため、午前4時5分、警戒態勢(森川嘉久総務部長ら7人)に縮小。引き続き市内の河川、山間地の状況情報を収集するなど、警戒に当たった。
また、橋本市によると、同日未明、同市菖蒲谷232の民家の裏山斜面が高さ5メートル、幅7メートルにわたって崩れたが、人命や家屋などに被害はなかった。
同地方には、21日午前4時過ぎ、大雨洪水強風雷注意報が出されことから、市内を流れる紀ノ川、玉川(紀伊丹生川)などの水量、山間地の状態などの情報を収集。午後6時には、洪水や山崩れの危険性はないと判断したが、22日午前0時42分、洪水警報が出たため警戒態勢、さらに22日午前1時15分、土砂災害警戒情報が出たため、警戒2号態勢(30人)に切りかえていた。午前7時前には、各警報が解除されたのに伴い、警戒態勢も解除した。
写真(上)は、濁流が紀ノ川に注ぐ橋本川・新御殿橋付近。写真(中)は、南海高野線・紀ノ川鉄橋付近の激流。写真(下)は橋本高野橋から橋本橋方面を見た紀ノ川の状態=いずれも22日午前5時ごろ。

更新日:2012年6月22日 金曜日 05:43

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事